3ヶ月で認知機能改善

先日、3ヶ月で認知機能改善にいたった方がいました。
行った治療は、血圧の薬の中止と、サプリメントの内服だけです。

もともと血圧の薬を飲んでいた方でしたが、血圧は全く問題ないので中止としました。
胃薬も処方されていましたが、胃の症状は何もないので、頓用に変更。

そして、「フェルガード」という米ぬか成分でできたサプリメントを摂取いただき、
飲酒もされているとのことで、ビタミンBの摂取も勧めました。
(飲酒でビタミンBが消費されてしまいます)
肝機能などは問題なかったので、ストレスになるような強い禁酒の指導はしません。
ストレスがかえって認知機能低下を引き起こしてしまいます

初診時は長谷川式簡易知能評価スケール(HDS-R)は22点でしたが、
わずか3ヶ月で27点まで回復してきました。

当初「めまい」の訴えがありましたが、それも改善しています。
きっと血圧の薬が影響していたのだと思います。
もちろん、血圧の薬を中止後も血圧は問題ありません。
当初120台の血圧が140台になりましたが、年齢的には適切な血圧になっています。

ふらつき・めまいもなくなったとので、とても生き生きとされています。

内服薬の調整が良かったのか、サプリメントが効いたのか、もしくはそれの両方が良かったのか…。

何が効いたのかははっきりしませんが、やはり内服薬の調整も大事なんだと改めて実感しました。
この方は、処方薬の抗認知症薬は一切使っていません
行ったのは、処方薬の減薬とサプリメントの内服。
それでもしっかりと認知機能を改善することができるのです。
副作用のリスクもなく、それで効果が出るのはとても良いことだと思います(自画自賛…)。

認知機能を改善した」というよりは、「本来の姿に戻った」だけかもしれません。
無駄な薬によって、見かけ上認知症にさせられていたのかもしれません。

漫然と薬を飲んでいる方は要注意です!