睡眠薬・抗不安薬の怖さ

高齢の方は不眠で悩んでいる方が多いです。
マイスリーやアモバン、ハルシオン、レンドルミン、ロヒプノールなど。

その中でも、ハルシオン、レンドルミン、ロヒプノールはベンゾジアゼピン系といわれています。
抗不安薬のデパス、リーゼ等もベンゾジアゼピン系です。

ベンゾジアゼピン系の怖さは、なんといっても依存性です。
ふらつき、めまいの原因にもなります。
特に高齢の方は、夜間にトイレに立つ方も多く、トイレに行く際にふらついて転倒、骨折という方も少なからずいます。
骨折してしまえば、そのまま寝たきりになってしまうことになりかねません。

なるべく体に負担のかからないように、寝たきりになるリスクを減らせるようにと、国も勧めているロゼレムやベルソムラに変更してみるのですが、結局効果がなく、元の睡眠薬に戻ってしまう方が多いです。
こんな時、依存性の怖さを強く実感します。

マイスリーやアモバンは非ベンゾジアゼピン系で依存性も少なく安全といわれていますが、やはり依存性を感じることもあります。
ましてや夢遊病という怖い症状を認める人もいます。
勝手に冷蔵庫を開けてあさっていたり、ゴミ袋を両手に持って外に立っていたり・・・。
本人は全く覚えていないようです。

デパスも中止・減量することによって、不眠・不安が強くなってしまったり、他の薬で対処しようとしても効果がなく、結局デパスに戻ってしまいます。
完全に中止することはできませんが、減量は比較的苦もなくできることが多いです。
しかし安全な薬に切り替えることは困難です。

もう麻薬と一緒ですね・・・。

短期間、一時的に内服するのであれば問題ないことがほとんどですが、長期間内服しているともうその薬から逃れられなくなる感じです。
一生その薬と付き合っていかなければならなくなります。
薬をもらうために一生毎月病院に受診しなければならなくなります。

依存性から脱却することもできるでしょうが、それには本人の強い意志が必要です。

これらの睡眠薬は、眠れるかもしれませんが普通の睡眠とは違います。
脳波が普通の熟睡とは異なります。

極力これらの薬に手を出さないように、飲む必要があるときは期間を決めて内服することが大切です。

睡眠に関しては、メラトニンという睡眠ホルモンを直接補ってしまうという方法もあります。
メラトニンは耐性もありませんし、抗酸化作用、免疫増強作用など、他の素晴らしい作用も併せ持っています。
副作用もほとんどなく、安全性は高いです。
そのためアメリカでは普通にスーパーで売っています。
(メラトニンについての話題はまた後日)

メラトニンを使用することにより、睡眠薬を減量できている方もいます。

ただメラトニンは現在の日本では手に入りません(当クリニックでは自費診療で行っています)。
40カ国以上の諸外国では処方薬として出回っているのに、なぜか日本では処方できません。
(何か密約のような裏の事情があるのでしょうか??)

安全な薬が処方できず、依存患者ばかり作っている日本の医療は何かおかしいと感じます。