減薬・断薬のすすめ

最近読んだ本に、松田史彦先生が書かれた
「日本初「薬やめる科」の医師が教える 薬の9割はやめられる 」
があります。

とても共感するところが多く、自分が常々思っていることがまとまっている感じでした。
この本には薬のことだけではなく、代替療法のことや、ワクチンの問題、電磁波の問題も書かれています。

「本当の医療って何だろう」
と真剣に考えている先生は、大体似たような方向へ進むような気がします。
栄養療法など、とても重要だと思います。
漢方もうまく使いこなすととても良い治療法になります。
(漢方が代替療法だとは思いません。主流にもなり得るものです。)
西洋医学だけでは限界がある、逆に悪さしていることも多くあります。
そんなときにいろいろな治療法(代替療法)を知っている、引き出しが多いと
とても大きな武器になります(ただし治療に何百万もするようなものはさすがに怪しいと思います)。
また現代にはこびる毒(遺伝子組み換え食品、添加物、重金属、農薬など)についての知識も重要です。

薬は異物です。
とはいいながらも、自分は西洋薬を処方しています。
使わざるを得ないこともあります。
しかし常に最低限の内服になるように、本当に必要なものだけに絞り、減薬するように考えて診療をしています。

栄養でカバーできるものがあれば、栄養摂取(サプリメント等で)を勧めます。
例えばコレステロールに対しては、ナイアシンが効果的と言われています。
処方薬を飲むなら、ビタミンで良くなる方が良いに決まっています。

しかしやみくもに中止・減量もできないことがあります。
松田先生の本にもしっかりと書かれていましたが、減薬によって「患者さんが不安を感じてしまう」からです。
自主的に減薬したいという気持ちがあれば良いのですが、
「何か飲んでいないと安心できない」
という方も多くいます。

よほど危険と思われる、明らかに体調不良の原因となっている薬であれば、説得してでも減量・中止します。
「この薬をやめたらもっと体調が良くなるだろうになぁ」という場合も患者さんには説明します。
しかし不安な気持ちが勝るようであれば、無理強いはしません。

しかし薬は異物。
飲まないに越したことはありません。
(当然、病気によっては必要なお薬もあります)

一度勇気を持って減薬してみる気持ちを持つのも良いかと思います。
減らしてみて、どちらが体調が良いか比べてみる価値はあります。
ただ、薬の内容によってはいきなりやめるとリバウンドが起きて体調が崩れてしまう方もいます。
かならず病院で相談してください。
できれば減薬に理解のある先生のところで…。

松田先生の本には、心の持ち方として小林正観さんのことも書かれていました。
自分も一時小林正観さんの本をたくさん読んでいたこともあり、びっくりしました。
今も大切に本は保管してあります。
「ありがとう」
と言う言葉には、とてつもないパワーが秘められています。
体調が悪いとき、つらいことがあったときはとても「ありがとう」という気分になれないかもしれません。
しかし気持ちがこもっていなくても「ありがとう」と言うだけで何かが変わりはじめます。
ばかみたいに「ありがとう、ありがとう」と唱えてみてください。
お金がかかることではありません。
試す価値は十分あります。