ワクチン接種後の死亡、????人に

毎度の第70回厚生科学審議会予防接種・ワクチン分科会副反応検討部会が本日行われました。

ワクチン接種後の死亡として報告された方は、合計????人になりました。
ファイザーで????人
モデルナで??人です。

???

そう、これまで毎回死亡例が報告されていたのに、今回なぜか報告されていないのです。

一応全体の資料は以下です。
https://www.mhlw.go.jp/stf/shingi2/0000208910_00032.html

パソコン画面に穴が開くほどみてみましたが、どこにもない。

各ワクチンの添付文書とか余計なものしかない。
そんなもの、自分で調べられますがな。
とりあえず隙間埋めるみたいな感じで、各社の添付文書のリンクとか貼るのやめてくれません?
(まぁ、一応毎回リンク貼られてはいるんですけどね)

今までの資料と比べてみてください。
https://www.mhlw.go.jp/stf/shingi/shingi-kousei_284075.html

↑上記の各回の「資料」というところをクリックしてみてください。
今回は圧倒的に資料が少ない。
少なすぎる。

だんだんテキトーになってきてませんか?
たしかに、最初っから専門家さんたちは真剣に「検討」されているようには思えませんけど。

今回は心筋炎を中心に議論されたようですが、死亡例の検討だって手を抜いちゃいけない。
絶対にデータはあるはず。

これって隠蔽じゃないんですか??
いよいよそうきたか…

考えられる理由として、若年者(特に10代)の死亡者が増えてきたから」
前回の報告では、15歳、16歳の死亡例が報告されてました。

さすがに「10代の死亡」はインパクトがありすぎます。

10代なんてまず基礎疾患ないですからね。
専門家お得意の「基礎疾患のせいにする作戦」は使えない。

「10代でもたまに突然死しているんですよ作戦」ではどうか。
明らかにワクチン接種後に亡くなっている頻度が多ければ、やはりワクチンとの関連を疑わなきゃいけないことになる。

「10代の死亡」が増えてくれば、さすがにみんな黙っちゃいないかもしれない。
メディアも取り上げるところが出てくるかもしれない。
メディアが取り上げなくなって、SNSで一気に情報は拡散します。

だから、今回死亡例は公表しなかった。
心筋炎を真面目に議論しているフリだけしてね。

今回たまたま公表されなかっただけかもしれないけど、こうしている間に何が起きているか知らされない子どもたちはワクチンを打っているんです。
子どもたち、その親たちに現実を知られる前に、一人でも多くの子どもたちに打ってやろうという魂胆ではないか。

勝手な妄想かもしれないけど、以下に書くモデルナ続行も含め国のやり方に腹立ってます。
めちゃくちゃ腹立ってます。
かなりご乱心です。

もうハッキリ言います。

新型コロナワクチンを子供に打ってはダメ。
絶対にダメ。

大人も打たない方が良い。
新型コロナの病態はあるから、コロナ患者を多く診る医療従事者は仕方ないかもしれないけど、できれば打たない方が良い。

だって、世界中でワクチンによって免疫が下がるという話が出てきてますもん。

そしてダブルで失望したのが、結局モデルナも若年者に続行するようです。
ファイザーとモデルナと選択できるようにするとか。
10~20代男性、ファイザー製を「選択可」に 「推奨」からは修正

記事には、
『同じ「m(メッセンジャー)RNAワクチン」というタイプのファイザー社製も心筋炎が確認されており、委員からは「ファイザー社製を推奨するというのはひっかかる」との指摘が相次いだ。』

だったら両方一時中止しろ!
「ファイザー社製も心筋炎が確認されており…」っていうんだったら、ファイザーも止めればいいだろうに。
「どっちも心筋炎が出てるから、一方だけ推奨するのはおかしい。だからそのまま両方とも続行。」っておかしくないですか?
意味がわからん。
ていうか、一般的にこういう理論って成り立つんですか?

2回目接種をファイザーに切り替え可能に 厚労省

記事には
『厚労省は10代と20代の男性にファイザー製を推奨することも検討していましたが、専門家部会ではモデルナ製の接種控えが起きる懸念があるとの指摘が出ました。』

「モデルナの接種控えが起きる懸念」って…。
そういうワクチンなんだからしょうがないっしょ。
若者に心筋炎をたくさん出してしまうという不良品(元々不良品ですけどね)なんだからしょうがないっしょ。

例えば、突然火をふくA社の暖房器具があったとしましょう。
「A社の商品の購入控えが起きる懸念があるから、そのまま(目をつぶって)販売します」ってことですよ。

アホか。

心筋炎をなめたらいけません。
専門家の言う「ほとんどが軽症」にだまされたらいけません。
炎症が起きたら組織は固くなりますよ。
何が起こるか想像つかないですか?
運動したらすぐ息切れするようになるかもしれない。
年齢を重ねていくうちに心不全にもなりやすくなるかもしれない。
長期的に見たら本当に怖いですよ。
5年後の生存率が低いというデータも出ている。

「コロナにかかる方が心筋炎の発症率が高い、ワクチンの方が低い」
とか子供だましの説明をする専門家ばかりですが、その子がコロナにかかると決まったわけではない
将来新型コロナに感染すると決まっているんであれば、この比較の意味はなします。
かからないかもしれないのに、わざわざ健康な体にワクチン打って心筋炎になったらどうするんですか?
ちなみに日本人の99%以上がコロナにかかってませんからね。
さらに心筋炎になる可能性なんてかなり低い。
めちゃくちゃまれです。
99%以上の確率でコロナにかからないのに、免疫を下げる可能性があって、他のワクチンよりも圧倒的に心筋炎が起こって、副作用いっぱいの、未知なワクチンを打つんですか?

厚労省が今回若年者にファイザーを推奨するために作ったパンフレットにはこんなグラフがあります。
(結局ファイザー推奨にはならなかったので、このパンフレットは使われないのでしょうが。)

比較がおかしいです。
そもそも一番右の「海外」なんて、日本より感染がひどいし重症化も死亡者もひどいんですから、こんな数値並べたって意味ない。
じゃあ「国内」の数値はというと、年齢区分が15~39歳となっており、左のワクチン接種群と年齢区分が一緒じゃない
正当に比較できるものではありません。

今回の検討部会のモデルナ継続のいきさつをみてハッキリわかったでしょう。
厚労省の人間、厚労省に雇われた専門家なんて、製薬会社の忖度ばかりしているということを。
一般人の健康なんてな~んも考えていないということを。

厚労省ともあろうものが、国民の健康よりも製薬会社の事情を優先しているんです。

今後一切、こんな忖度野郎の言うことなんかに聞く耳持つ必要ない。

まぁ、「お上の言うことが絶対だから」と信じている人は勝手にやってください。
こういう現実を目の当たりにしても、何も感じない人には何を言っても無駄です。
説得するのも労力の無駄。

同調圧力に負けてすで打ってしまった方には申し訳ない例えですが、
『「ビルの10階からみんな飛び降りるから、あなたも飛び降りろ」と言われたら飛び降りるんですか?』という話です。

同調圧力で打ってしまうということは
「ビルの10階からみんな飛び降りるから、自分も飛び降りる」
ということ。

日本人の特性なのかもしれませんけど、ここは外国を見習った方がよいです。
警官だってワクチン義務化するなら辞職を選ぶ人がたくさんいるんです。
医療従事者だって、ワクチンを打たないでクビになるのを選ぶ人がたくさんいるんです。
ワクチン義務化に対して、世界中では多くのデモが起きています。
「打つか打たないかは自分で選ぶという権利」を守るためにみんな戦っています。
そしてワクチンのことを知っている人は、これは絶対に打ってはいけないと思うからこそ、仕事を失ってでもワクチンを打たないのです。

変なやつでいいじゃないですか。

自分の考え、直観を大事にして欲しい。

友達少なくても生きていけますよ。自分みたいに。

ワクチンの危険性を訴えるとデマだカルトだって言われますけど、これまでこんなにたくさんの世界中の医者、研究者、専門家が危険性を訴えているなんてことなかったのですよ?
なぜみんな声を上げているのかよく考えて欲しいですよね。

メディアではカネ儲けするために反ワクチンを唱えているとか言うけど、何も儲かりませんよ。ごく一部の有名人だけ。
そんなこと言うなら無責任ワクチン接種でボロ儲けしているところに取材して、どんだけ効率よく稼いでいるか報道しろ。

何度も言いますが、ただいまご乱心中です。