感染者が増えたというけれど…

全国的に感染者が急増しているというニュースがあふれていますね。

ワイドショーやニュース番組では久しぶりに見慣れた顔の専門科が出演してました。
久しぶりのメディア出演でさぞかし嬉しいだろうに。

これまたタイミング良く感染爆発が選挙前なのですが、感染を恐れさせて投票に行かせないようにしているのかと勘ぐってしまいます。
投票率が下がれば、きっと現与党が圧勝という結果になりそうですしね。

で、ここ最近の自分の数少ないコロナ感染診療からの印象ですが、
「2回目接種者の感染が多い」
という印象があります。

しかも、「どこで感染したかわからない」ケースが目立ちます

話を聞いても、スーパーに行ったくらいしか思いつかないというのです。

通常、買い物するくらいでは、お客さんの中に感染者がいたとしてもそうそう感染・発症することはありません。
よっぽど近くで立ち話したとかでなければ。
感染者とすれ違うくらいではそうそう簡単に感染しません。

つまりは、やはりワクチン接種によって免疫が低下していることが推測されるんですね。

通常なら発症しないほどの極微量のウイルス量でも発症してしまっているのではないかと思われるのです。

例えば健常人なら1万個のウイルスが体に入ってきて発症するケースがほとんどなのに、接種者は100個程度のウイルスに曝露されただけで発症してしまっているのではないかと。

じゃあ3回目接種した人たちはどうなのか?
さらに免疫力が低下してそうですよね。
高齢者の方たちは3回接種している人がほとんどでしょうけど、不思議なことに最近高齢者施設でのクラスターというものをあまり聞きません。
自分が診察に行っている患者さんの間でもコロナ感染の噂はまったく聞きません。

自分の勝手な推測ですけど、3回接種しても大きな副作用なく乗り越えた人たちは、元々相当体が丈夫な人が多い可能性があるかと思うのです。
ワクチンの害も、ある程度乗り越えられるほどの体力があったということです。
ですから、3回接種してもいま普通に過ごせている人は、もともと感染しても重症化しにくいタイプの人だと思えるのです。
あるいは免疫力が元々しっかりしていて発症すらしにくい人ですね。
あるいは余計な無駄な薬を飲んでいてもケロッとしているタイプ。
なんとなくの感覚ですけど。
もちろん細かくみていくとワクチンのロット番号による違いも当然ありますから一概には言えませんが。

今回のワクチンが全部品質が同じだと思っている人はとてもおめでたい人です。
多くの工場で突貫工事のようにワクチンを大量生産しているのですから、すべての品質が同じになるわけがありません。
そして忘れている人が多いでしょうが、異物問題なんてこともありましたね。
あれも結局うやむやのままです。

まぁ厚労省のデータねつ造問題から明らかなように、接種した方が感染率が高くなるという結果が出ています。
そして実際の臨床現場でもおなじ感覚を受けています。

という話でした。

で、あと気になるのが、ワクチン接種が開始してから結構早い時期に、癌が多発していることをブログに書きましたが
最近また癌が増えている感覚があります。

ちょっとこれも不気味です。
たまたま自分ところに話が集まるからそう感じるのかもしれないですけど…。
詳細は不明ですが、胃と膵臓に癌が見つかったケースもあるようです。
これらの臓器は、どちらかが原発でどちらかに転移したという様な関係にはありません。
つまり同時多発的に複数の臓器に発癌した可能性が高いのです。
かなり珍しいケースです。

ワクチン接種した人はやはり何か対策はしておいた方が良いかと思います。

ちなみに国は60才未満にも4回目接種について検討を進めていくと言っていますが、当然新しいワクチンなのでしょうね?
アメリカのFDAは「追加接種はオミクロン株に対応したものを推奨する」と言っているのですから。
ここでも旧式ワクチンが使われたとしたら日本国民は相当なめられていますよ。

さて、昨日も選挙ネタを書き、冒頭にも選挙のことを書きましたが、自分はどこかの政党を陥れたいとか足を引っ張りたいなんぞまったく思っておりません。
興味がない。
なくはないけど期待していない。

ただ、おかしいことはおかしいと言いたいだけです。

男性看護師の件は、「当時の高齢者のデータをみて頼まれたからワクチン接種のバイトをした」って本人は説明されていますが、いまあれだけYouTubeでワクチンのことについて発信されているなら、高齢者にも有害であることはわかっているはずです。
当時気づかなかったと言うなら今からでもいいので、自分が接種してしまった高齢者の方たちへの言葉はないのですか?と言いたい。
自分が打った人に副作用が出た人はまったくいないのでしょうか?
ワクチン後遺症のことも取り上げて出馬してますけど、自分が接種した人に後遺症でた人はいないのでしょうか?
そこを差し置いて、ワクチン関連情報をガンガン配信して再生回数伸ばしてますが、「当時の高齢者のデータをみて、頼まれたからワクチン接種のバイトをした」という言葉、苦しい言い訳にしか聞こえません。

YouTubeをみてもワクチンのことを相当勉強されているようですから、打つ前にワクチンのことを勉強して接種業務なんてしなければ良かったのではないかと思うのです。
看護師だから上からの命令には従わなければならないという擁護する意見もあるようです。
確かにそういう面はあるでしょう。
でも、ご本人は
「9月くらいから中学生(違う動画では高校生と言っており一貫性がない)が接種にやってきて、それでおかしいと思ってそれからは接種を断るようにした」
と説明されています。

断れるんじゃん。

そもそも擁護した人たちが言っているように、職場での「業務命令」ではなかったと思われます。
「人手が足りないから頼まれた」とご自身でツイートされています。
つまりはいつだって断れたはず。

だから言い訳にしか聞こえないのです。
自分がやったことを正当化しているようにしか見えない。
自分が行った高齢者への接種は正しかったんだと。

全国のワクチン接種をした看護師さんを責めているわけではありません。
いろんな事情がありますし仕事をそうそう簡単には辞められないですから。

つまり言いたいことは、この男性看護師が出馬する政党を批判したいわけでは決してなく、ただただこの一連の男性看護師がやっていること・説明が矛盾している、おかしいと言いたいのです。

誰でも叩けばホコリが出ます。

だけど今回のホコリは、ワクチンをネタに有名になり出馬したけど、実際は自分も接種業務をしていた。
という、ちょっとどうかなと思うレベルのホコリです。
リアルに人の命に関わることですからね。

リンク張りませんけど、
【ワクチンバブル!】看護師のワクチン バイト「キャバ嬢の2倍?いや3倍」とわかりました【驚愕の時給です】
という題名の動画も自分自身であげているんですよ。
自分がしていたバイトなのにね。

いまでも高齢者に対する新型コロナワクチン接種は正しいと思っているのだろうか。
動画を見る限りはそう思っているようには思えないのですが…。

だったら自分がしたことを変に正当化しない方が誠実さが伝わって選挙にもプラスになるのになぁって思います。
非常にもったいない。

以上はあくまで自分が勝手に感じた感想です。
みんなに同意を求めているわけではないし、その看護師さんを陥れたいわけでもない。
ただ自分が「おかしい」と思っただけ。
しかも自分もワクチンのことについてはずっと主張してきたし、一貫した考えを持ってきましたから、なおさら一連の行動・発言は気になっちゃいます。
そして「出馬」ですからね。
国政に関わる人物になるかもしれないのです。
だからこそ同意は求めないけど、おかしさには気づいて欲しい。

さて、先ほどどこの政党にも期待していないみたいなこと書きましたけど、以前もブログに書きましたが、本当に日本国民のための改革なんてできるわけがないのです。
国民のために改革しようと思えばマジに消されます
わかりやすいところで言えば、中川一郎氏、中川昭一氏であるし、特別会計の闇を暴こうとした石井紘基氏だったり。
リアルに消されます。
映画やドラマの中だけの話ではありません。

最近では、日本ではないですが、アメリカの女医さんでキャディ・マディ医師が乗った小型飛行機が墜落しました。
(何名からか情報をいただきました。ありがとうございます。)
この医師は、ずっとワクチンの危険性について動画で拡散し続けていました。
しかも内容が濃いものばかりです。
結構目立っていました。
「やべ~んじゃねぇの」って思っていたら本当に起きてしまった。

アメリカでは暗殺は飛行機事故を装うことが多いようです。
ずっと前になにかの番組でプロの殺し屋の手口を紹介していました。

たまたまかもしれないけど、できすぎている。
製薬会社や支配者にとってはよかった出来事であることには間違いない。

ちなみにキャディ・マディ氏は命は取り留めたようです。
ほんとによかった。

正しいことをでかくやろうと思えば潰されるのが世の常。
悲しいことに。

だからこれまでの日本はずっとアメリカの言いなりになってきたのです。
日本として本当の独立ができないままでいるのです。
できるならとっくに今までの政治家がやってますよ。
だけどやろうと思っても消されちゃうんですもん。

国民のための改革を訴えている人は、当然その辺の裏社会の真実だって知っているはずなのです。
つまり改革はリアルに命懸け。
自分の命だけだった良いですよ。
でも家族がいたら、家族を巻き込むことになります。
本当に家族の命を巻き込むかもしれない。
あるいは家族を人質に取られて、それでも改革を進められる自信ありますか??
自分だったら無理ですね。
自分だけやられたとしても、残された家族のことを考えたことありますか?

だから以前にも書きましたけど、
真の改革者は「家族がいない人間」じゃないと無理
だと思うのです。
家族がいれば確実に行動が制限されます。

アメリカの大統領のシークレットサービス並みに警護がつけられるなら別ですけどね。
てか、それでも暗殺されますから、真の安全なんてどこにもありません。

つまりは、家族やかわいい子供がいたりするのにも関わらず、国民のための真の改革をする、日本にある理不尽なことをすべて改革するといいことばかり言って選挙に出る人は自分は信用できません。
はっきり言って「偽善者」にしか思えません。

今まで本物の政治家がことごとく潰されてきたにもかかわらず、自分や自分の家族だけは守られるとでも思っているのでしょうか。
裏社会のことをよく知っているはずですから、そんなことは無理だということは当の本人が一番よく知っているはずです。

何か間違ってます?

かといってこのまま現与党が一人勝ちし続けるのもどうかと思います。
新しい風を入れなければならないのは確かです。
今の主要な野党は本当どうにもならんし、少なくとももっと勢いのある政党が出てきてやり合わないといけないですね。

ただ選挙演説で言っていることとかにはあまり過度に期待しない方が良いですよ
根本からの改革に期待はできません。
スムーズに日本が天国のような理想の国にはならんでしょう。
相手方は既得権益を守るためにどんなことだってしてきますよ。
あまりにも夢を見すぎている人が多いなと思う今日この頃です。
熱くなり過ぎちゃって現実がみえていない人が多い気がする。

今回のコロナ騒動でよくわかったと思いますけど、信じすぎるのも危険です。
まさか国や医者が悪いこと勧めてくるとは思わなかった人が多かったのではないでしょうか?
疑う気持ちも必要です。
医療なんてウソばっかりですよ。