卑怯者

最近はYahoo!ニュース見ていると、結構ワクチンの副作用ネタについて報道されています。
そして先日こんなニュースがありました。

加藤厚労相、ワクチン健康被害の審査遅れ認める 心筋炎の頻度を比較したリーフレットは削除

まずは副作用の審査がちっともすすんでいないという。
加藤厚労相は、審査会の開催頻度を増やすなどして体制強化を図っていると説明している。そう。

厚生科学審議会のホームページ(https://www.mhlw.go.jp/stf/shingi/shingi-kousei_284075.html)をみると、9月以降はこんな感じになっています。

9月14日、10月11日、10月21日におこなわれた
「新型コロナワクチンに関する副反応への対応について」
というのがそれに当たるのでしょう。

つい最近の話じゃん。
つまりはそれまでずっと放置していたってこと。
さすがに副作用があまりにも増えすぎたから動かざるを得なくなったってことでしょうね。
形だけ。

国がようやく動いてくれたって、こんなニュースに騙されたらいけませんよ。
副作用に見舞われた方、必要なときに十分な補償などを受けられると期待してはダメです。
こんなの形だけの会議です。
だって、役人やそれに雇われた専門家もどきがファイザー様やモデルナ様の足を引っぱるようなことができるわけありませんからね。

で、非常に腹立たしいのが、あの心筋炎のニセモノグラフがこっそり削除されていたって話。

このグラフです。

多くの本物の人たちが早い時期からあのグラフはおかしいと指摘していました。
とにかく上記のニュースをしっかりと読んでみてください。

「情報操作の疑い」ってハッキリ書かれています。

昨年10月15日にリーフレットに公開され、8月に更新された第2版では削除されていたとのこと。
約1年近く厚労省はウソをついてきたことになります。
その間に多くの人が指摘していたにもかかわらず、修正をしてこなかったのです。
修正するどころか、消した。

どれだけ卑怯なんだよって話です。

あのグラフをもって、子どもたちにワクチン接種を強力に推奨してきたんです。
あのグラフをみて接種を決めた人もいるかと思います。
「感染した方が心筋炎になりやすいんだ、こわいな」って。

若年者でワクチン接種後に心筋炎、心膜炎になった子は多数います。
しかも改善せずに未回復のままのケースもいまだにあるのです。
一生後遺障害を負う可能性が高いのです。
ましてやワクチン接種後に心筋炎で亡くなった人もどれだけいることか。

国はどれだけ大きな罪を犯しているのでしょう。
子どもたちや親御さんたちが見たであろうあのグラフはニセモノだったのです。
どれだけ国民を裏切るんだか。

こっそり削除という卑怯なことをするのではなく、ちゃんと国民に説明しろよって言いたい。
主要メディアもちっとも報道しないし。

これをもってしてもいまだにワクチン接種を推奨する医者、ワクチン接種をしている医者、特に子供にワクチン接種を勧める医者に対して、大きな疑問を抱かざるを得ません。
あのグラフで接種を推奨した医者も同罪です。
子供へ接種を強く勧められる大きな根拠ってあるのでしょうか?
確かなデータはあるのでしょうか?
とりあえず心筋炎に関しては、その根拠がなくなりましたけどね。

話は変わって、ワクチンの接種証明を偽造して業務委託料をだまし取ったとされ逮捕された船木先生の件です。
先日の10月25日にこんなニュースがありました。

接種偽装疑いで医師再逮捕 コロナワクチン、3回目

「3回目」ってきくと、ワクチン接種3回目?って思ってしまうのですが違います。
逮捕が3回目ってことです。

3回目?すごく違和感を感じました
接種証明を出して業務委託料をもらった1件1件に対して逮捕していくのでしょうか?
230人に接種した記録があるというから、前科230犯ということになるのでしょうか?

これまで詐欺で捕まった人とか、騙した一人一人に対して逮捕ってされていたんですかね。
投資詐欺とかで、何千人何万人という人からお金をだまし取った犯人とか。
そんなことしていたら前科何犯になるんだか。

で、違和感を感じたのは、9月に逮捕されなぜに10月終わりという今ごろに3回目の逮捕なのかということ。
1回目の逮捕して、クリニックとかから資料押収すれば、一度にすべての事件がはっきりするはずなのです。
なんでこんな飛び飛びに逮捕しているのか。

1回目の逮捕は、9月11日。
2回目の逮捕は、10月3日
3回目の逮捕は、10月25日

カレンダーと見比べてみてもらえばわかると思うのですが、大体きれいに3週間ごとなんです。
というかきれいに、どちらもピッタリ22日後に再逮捕されているのです。
勘のいい人はわかると思うのですが、逮捕後の勾留期限は最大で23日です。
(勾留後は最大20日)


(図の右下にあるサイトからお借りしました)

そう、勾留期限が切れるギリギリのところで再逮捕しているのです。
どれだけいやらしいことをしているんだか…。
でもいやらしいことをするのが警察ですからね。
あっ、すべての警察官がってことではないですよ。

なんでこんな嫌がらせをするのか。

そこは自分もこの辺の分野は詳しくないのでよくわかりませんが、上の図から考えると、起訴できる要件がそろっていないのか…。
起訴しても裁判で有罪にできる自信がないから、ただただ嫌がらせをしているのか。
というかただ単に「見せしめ」のためにやっているのかもしれませんね。

ちなみに刑事事件の流れはこんな感じです。

今回の件は、事件の構図としてはとても単純なものです。
捜査にそんなに時間がかかるものなのでしょうか。
勾留延長とか本当に必要なのでしょうか。

あまりにも不自然すぎます。

あっ、これは自分の勝手な想像ですから。
船木先生がひょっとしたら勾留後すぐに釈放されていて、その都度逮捕されているのかもしれませんし。
しかし2回目、3回目の再逮捕がどちらもピッタリ22日後におこなわれるなんて、あまりにもできすぎています。
意図的にやっているとしか思えません。

というか…というかですよ、厚労省が情報操作を狙ったニセモノグラフを約1年間使用し、子供へワクチン接種推奨していたことの方がとてつもなく大きな罪のように思えるのですがね。

ただの弱いものイジメにしかみえん。
これもまた卑怯者ですね。

最後にどれだけとんちんかんかって話を。

厚労省が心筋炎グラフをこっそり削除したってのに、こんなこと言ってます。

若い世代もワクチン接種を…厚労相が連合に協力要請

こっそり削除したけど、な~んも悪いことしたとは思っていないことがハッキリわかりますね。
こんなので、いくら副作用に関する会議増やしたところで、救われる人が増えるわけがない。
というか、副作用出すなよ。

最後の最後におまけのニュースを。

新型コロナワクチンで過多月経の可能性 EU当局

欧州医薬品庁(EMA)は、「過多月経の発生とこれらのワクチンとの因果関係について、少なくとも合理的な可能性がある」と結論付けたのです。
何度も言いますが、「結論付けた」のです。
EMAは、アメリカだとFDA、日本だと厚労省にあたるところでしょうか。

「(こうしたワクチン接種で)一部の人に起きている過多月経が生殖能力に影響を及ぼすことを示す証拠はない」
とも言っていますが、「(今のところ)証拠はない」ってことなのでしょうね。

さすがにEMAもファイザー様やモデルナ様の機嫌もとらなきゃだからこのような発表になったのだと思います。

形上は、「ワクチン接種のメリットはリスクを大幅に上回る」と強調しているようですが、
「生殖能力に影響を及ぼす証拠は今のところはないけど、過多月経になるリスクが高いよ。だから自分たちでよ~く考えて接種してね。」
ということを言いたいのかなと思います。

過多月経になれば少なからず妊娠に影響しそうですけどね。
普通に考えて。

一方日本ではどうですか。
ワクチンのデメリットについて多くのデータが蓄積されているのに、まったくそれについては触れられません。
ただただ接種を推奨するのみ。
国民を騙して、接種しろ接種しろと言うだけです。

なんなら直道君も(鈴木知事のことね)、4回目接種したとニュースでてるし。
もうこういう報道いらないよ。
打ちたきゃ勝手に打ってろって。
知事がワクチン接種したことニュースにする暇があるんだったら、心筋炎グラフの削除のこと取り上げろよって。

どれだけ自分で情報収集し、自分自身で考えて行動しなければならないかってことが本当よくわかりますね。
国が言うこと、メディアが伝えることがどれだけあてにならないかってことが本当ハッキリしました。
最初からわかっていたことだけど。