ドイツでの副作用例

先日、患者様のご家族より貴重な情報をいただきました。

多分ドイツの独立系メディアのテレビ番組だと思うのですが、ワクチン接種後に何が起こったかをまとめた内容になっています。
https://odysee.com/@jimakudaio:9/Germany-and-EU:f

ドイツのいろんな地域の新聞などの記事を根拠に番組を作っています。
ウソでもなんでもなく事実です。
字幕もついているので内容は十分理解できると思いますが、具体的な数字のところを文字おこししてみます。
この番組はドイツ国内のメディアで報道されたものをそのまま紹介しています。

いま、日本での高齢者接種が開始されていますが、今後日本でどんなことが起こりうるかの参考になるかと思います。

———————

<ワクチン接種後ドイツの老人ホーム、介護施設で何が起きたか>
注:()内はドイツの地域の名前です

・(アウグストフィーン)ワクチン接種後13人が死亡。ワクチン接種後63人中49人  の居住者と32人の介護士が感染。
・(ベッドブルグ)60人中11人が死亡。ワクチン接種後37人が感染。
・(ベルリン、シュパンダウ区)接種を受けた31人中8人が死亡。接種後感染者続   出。
・(ボン・イッペンドルフ)接種後5人死亡。101人中49人が接種後にコロナに感   染。
・(ボーゲントライヒ)接種後11人死亡。ファイザーワクチン接種後26人が感染。
・(ドナウヴェート)コロナワクチン接種後10人が死亡。コロナ感染者が続出。
・(ドナウヴェート)ワクチン接種後7人死亡、71人感染。欠勤の介護士が続出。
・(ドルトムント)ワクチン接種後19人死亡、100人感染。
・(ドゥードヴァイラー)ワクチン接種後11人死亡、16人感染
・(エムステック)ワクチン接種を完全に終了していたにも関わらず6人死亡。
・(フィルダフィン)ワクチン接種後18人死亡、23人感染。
・(インゴルシュタット)ワクチン接種後14人死亡、106人感染。
・(キルヒフンデム)ワクチン後7人死亡、24人感染。
・(ランツフート)2020年12月30日ビヨンテック・ファイザーワクチン接種後5週間  弱で29人の居住者が死亡。
・(ライプチヒ)接種後70人中16人が死亡。4人に1人が死亡したことになる。ワク  チン後コロナ感染が拡大。26人の居住者と21人の関係者が感染。
・(レバークーゼン)ワクチン後18人死亡、47人感染。
・(マークトシュヴァーベン)初回ワクチン後19人死亡。14日後23人に死者数が増  加。
・(ミースバッハ)ワクチン後7人死亡、34人感染。
・(オラーニエンブルク)2021年1月12日にワクチン接種 ワクチン接種後14人死   亡、168人感染
・(レンスブルク)ワクチン後5人死亡。100人中38人の居住者と9人の関係者が感   染。
・(ローディング)ワクチンを接種していたにも関わらず21人死亡。約100人の居住  者が感染。
・(ウンディンゲン・ミュールホーフェン)接種した40人中13人が死亡、15人感   染。

<コロナワクチン後の悲惨な死>

・(アルプシュタット)24歳の介護士がアストラゼネカのワクチン接種後、出血死  する。
・(アッテル・ライトメリング)59歳の看護師と消防士が、ビヨンテック・ファイ  ザー社ワクチン接種後3日で塞栓症で死亡。
・(ボーフム)32歳の男性がコロナワクチン接種直後に死亡。
・(エッセン)持病なしの36歳男性がアストラゼネカ社ワクチン接種後死亡。
・(オイスキルヒェン)47歳女性がアストラゼネカ社ワクチンの後遺症で死亡。
・(ヘアフォード)32歳精神科医の女性がアストラゼネカ社のワクチン接種後10日  で死亡。
・(イメンシュタット)55歳介護士女性が、アストラゼネカ社ワクチン接種後脳血  栓と血栓症で約10日で死亡。
・(ミンデンリューベッケ)複数の消防士がワクチン接種後欠勤となり極度の人手  不足に陥る。
・(ラーベンスブルク)若い介護士がアストラゼネカ社ワクチン接種からまもなく  死亡。
・(ロストック)49歳女性がコロナワクチン接種後12日で死亡。
・(シュトラウビング)持病のない37歳男性がアストラゼネカ社ワクチン接種後に  死亡。
・(ユルツェン)老人ホームで働く46歳関係者女性がワクチン接種の翌日死亡。
・(ウルム)49歳女性教師がコロナワクチンを接種し数日後に死亡。

<コロナワクチン後遺症に関する世界の報道>
注:()内は国名

・(ベルギー)ビヨンテック・ファイザー社ワクチン接種後5日後ベルギー人が死   亡。
・(チリ)ワクチン接種に比例して死亡者が増加。
・(フランス)コロナワクチン接種後5人が死亡。
・(ジブラルタル)ワクチン接種から53人が死亡。
・(ジブラルタル)ワクチン接種と比例して死亡者が増加。
・(イギリス)ワクチンから短期間で244人が死亡。うち8人の流産。
・(イギリス)mRNAワクチンはインフルエンザワクチンより40倍危険である。
・(イギリス)コロナワクチンを打った妊娠女性の流産は6週間で366%上昇した。
・(イスラエル)ファイザー社ワクチン接種後死亡率が爆発的に上昇。
・(イタリア)コロナワクチン接種後3人の軍人が死亡。ビヨンテック・ファイザー  社ワクチンを接種した警察官が数時間後に死亡。
・(ノルウェー)コロナワクチンで33人死亡。
・(オーストリア)看護師が重度反応を起こし死亡。
・(オーストリア)ケルンテン州でワクチンを接種し脳出血で死亡。
・(ポルトガル)41歳助成医療従事者がコロナワクチンを打って死亡。
・(スウェーデン)9人の高齢者がワクチン接種後に死亡。
・(スイス)役所はワクチン接種後の死亡事例を認識していると明かした。
・(スペイン)ビヨンテック・ファイザー社ワクチンで46人が死亡したため、ファ  イザー社ワクチンは使用禁止となった。
・(アメリカ)妊娠中の女医がワクチン接種数日後胎児が死亡。
・(アメリカ)ワクチン導入から死亡率が50倍増。

——————–

欧州薬品管理局(EMA)の公式発表データによると、現在公開されているコロナワクチンの後遺症データによれば3ヶ月のコロナワクチン接種により27万2644件の後遺症が報告されています。

そしてコロナワクチン関連死は、5月10日時点で
ファイザー7,296人、モデルナ2,865人、アストラゼネカ2,102人、ヤンセン235人
合計12,498人
とされています。

ドイツのウル・エールリヒ研究所(PEI)というところは、連邦ワクチン機関で、医薬品およびワクチンの安全性を審査する連邦最高機関です。
そのPEIが公表する数字によると、
2000年1月1日から2020年12月31日までの破傷風やジフテリア、インフルエンザワクチンを含む全ワクチンの成人死者は206人(20年間でですよ)。
4月2日までのコロナワクチンによる死者は407人。
仮に3ヶ月の死者数を1年に換算すると、2021年には1628人が死亡する計算です。

コロナワクチンによる死者は、過去のワクチン死者数の100倍を超えることになるようです。

この傾向はアメリカでも認められており、
2021年3月29日の時点でCDCは2509人がコロナワクチンと時系列的関係があり死亡したと報告しています。
3ヶ月間のワクチン死亡者は過去11年のワクチン死亡者の総計に値します。

星槎大学の坪内俊憲教授にデータを教えていただきました。

これはワクチン有害事象報告システム(VAERS)に登録されたワクチンによる死亡者の推移を表しています。
コロナワクチン開始後の2021年に驚くほど突出しているのがわかるでしょうか?

しかも2021年はまだ終わっていません。
年末にはどんな数字になっているのか恐ろしいです。


上記のグラフは、コロナワクチンと他のワクチンの摂取量と、それぞれの死亡者を比較したものです。
薄い緑がコロナワクチン以外のワクチン接種者数で、赤い点線がコロナワクチン以外による死亡者数。
濃い緑がコロナワクチン接種者数、赤い実線がコロナワクチンで死亡した人数です。

コロナワクチン接種が開始された2020年から異常なことが起きているのが一目瞭然です。

さて、これらが日本よりも一足先にワクチン接種を開始した世界の現状です。

日本もこのまま突き進めば同じようなことが起こる可能性が十分あるのです。

ちなみに最新の米国のワクチン有害事象報告システム(VAERS)の情報は以下の通りです。

死亡は、4168人。
生命をおびやかす副作用:3716人。
永久的な後遺障害:2623人。
先天異常・先天欠損:127人。
入院:12097人
などです。
VAERSに登録されているのは実際の1%にも満たないという衝撃的な報告もあり、
実数はもっとひどいことになっている可能性があります。

旭川日赤のように、40代男性がワクチン接種翌日に亡くなっていても国に報告していないくらいですから。
このような事例はもっとあると予想されます。
あくまで今行われているワクチンは「臨床試験中」であり、副作用かどうかを現場の医師が判断することではありません。
ワクチン接種後に有害事象が起これば全例国に報告するべきなのです。

日本のメディアはもう死んでいます。
本来は世界でどのようなことが起こっているか、日本で何が起こっているかを平等に報道するべきなのです。
ワクチンのプラスの要素、マイナスの要素を平等に報道し、議論し合うべきなのです。

しかしマスコミはワクチンのいいところしか言いません。
ワクチンの危険性を発信する専門家は大手メディアにはでることができません。
「ワクチンが待ち遠しい」とか「ワクチンが切り札」とか何回も言っているミ○ネ屋の宮○誠○とかコメンテーターとか、もう言っていることがわざとらしくて反吐が出ます。

国会議員にはご高齢の方が大勢いますが、優先接種しないのでしょうか?
とっても大事な方たち(ある意味自分が一番大事な人たち)ですから、一般の高齢者の方と同じように優先接種してよいものですが、なぜかワクチンを打ったという報道聞かないんですよねぇ

『議員向けの会場設置には、与野党から「特権と批判される」「上級国民と言われる」との懸念も漏れる。』
とのニュース報道がありましたが、国会議員の人数なんてたかがしれていますし、どうぞ会場を設置して接種してくださいと自分は思います。
一応、日本国をしょっている方たちなのですから。

「ワクチン打たねーよ」と発言されたとされる元厚労大臣の加藤官房長官はちょうど65歳です。
ずばり優先接種対象者です。
頻繁に記者会見をおこなわなければならないですし、多くの記者さんと接しますから、とても感染リスクが高い立場の方です。
これだけ国民に勧めておいて、自分は一体どうなさるのか、すごぉく気になるところです。

誰か官房長官記者会見で聞いてくれないかなぁ。