新たな変異株

今日の夜、こんなニュースが飛び込んできました。

——————–

【速報】神戸市で新たな変異ウイルスを確認 英国型に「ワクチン効果を弱める可能性」がある変異が加わる / 関西テレビ

神戸市は、新型コロナウイルスの英国型に別の変異が加わった新たな変異ウイルスが確認されたと発表しました。
神戸市によりますと、5月17日に神戸市内で感染が分かった50代の男性から、新たな変異ウイルスが見つかりました。
この変異ウイルスは感染性と重症化リスクの高い英国型の「N501Y」変異に、ワクチンや抗体医薬の効果を弱める可能性がある「E484Q」変異が加わったものです。
インド型やベトナム型とも異なる変異で、日本国内で確認されるのは初めてだということです。
男性は軽症で自宅療養となり、すでに療養期間を終えています。
男性の濃厚接触者は全員陰性だということです。

——————–

どこでも変異株は出てもおかしくはないのですが(細かい変異であれば2週間ごとに起きるといわれています)、ついに日本でもやっかいな変異ウイルスが出てしまったようです。

これが今後流行するかどうかはわかりませんが…。

というか…
「ワクチン効果を弱める可能性」がある変異が加わる
って…。

もしこれが日本での主流になるのであれば、
今打っているワクチンって無駄にならないですか?

副作用だけで効果のないワクチンを打つことになる。

イギリス型だとかインド型だとか(WHOはこういうネーミングをやめるそうですが)についても、今のワクチンがはたして本当に効果があるのか不明です。

効果があるという報告もありますが限定的ですし、絶対確実とは言えません。

そもそも遺伝子ワクチンのメリットは、
「変異株にもすぐに対応して作り直すことができる」
ことが言われています。

これだけ世界中で変異変異って大騒ぎしているのに、なぜかワクチンはそのまま。
初期型に対して作られたもののまま。

なぜ遺伝子ワクチンのメリットを有効活用して、変異株に対するワクチンを作らないのでしょうか。
だって、「作るの簡単」って言って、特別待遇で遺伝子ワクチンをこの世に送り出したんですから
ちゃんと仕事してもらわなきゃ困ります。

初期型ワクチンを作り過ぎちゃったから?
誰にも突っ込まれないことをいいことに在庫処分?

言っていることとやっていることがちぐはぐなんですよね。
やっていることがおかしいから、今後どんどんほころびが出てくるような気がします。

だけど変異株が出てくるたびに新しいワクチンを作られても困りますけどね。
毎年3回くらいはワクチンを打てってことになっちゃいますもん。
年3回も強い副作用を繰り返したら、一体どうなることやら。

コロナウイルスは変異しやすいウイルスです。
これは誰も否定できない事実です。

だから変異変異と大騒ぎするのも、そもそもおかしなことです。

当たり前のことを大騒ぎして、連日ニュースを埋めてます。

通常は人類と共生できるくらいの毒性で落ち着くはずです。

だけど薬やらワクチンやらで対抗すれば、当然ウイルスも生き延びるために変異を加速します。
耐性ウイルスというやつですね。
抗生剤いっぱい使ったら耐性菌ができてしまうのと同じです。

人間は生物界の支配者ではありません。
細菌やウイルスの方がもっと賢いし、人間にはまだわかっていないことがたくさんあります。
細菌やウイルスは人間と違って身軽だからこそ、簡単に体を変えて生き延びることができるんですね。

ただ人工ウイルスだったら、どう挙動するのか不明なところもありますね。
いま、人工ウイルス説がまた話題になってきていますし。
フェイスブックでも、当初は人工ウイルス説の書き込みは削除されていたのに、今後は削除しないと方針を変えたとニュースになっていましたよね。

もろに検閲していたことを認めた形になりましたね。

どういう風の吹き回しか知りませんが、今は人工ウイルス説で世の中を動かしたいようです。

こうやって我々が得られる情報というものはコントロールされているということです。

世論なんて簡単に変えられます。

今回の神戸で発見されたワクチン効果が弱まるかもしれない変異ウイルスのニュース、これをきっかけにもう一度ワクチン接種のことを考えてもいいのではないでしょうか?

これから日本は高温多湿の季節に入ります。
ウイルスの勢いは一時的にしろ弱まるのが普通です。

これからワクチンを打とうと考えている人は、焦らず、世間の情勢をよく見てから検討した方が得策だと思います。

今の日本のワクチン接種推進の動きを止めないために、今回のニュースがもみ消されないかが心配ですが…。