新型コロナウイルスは存在する

新型コロナについて情報収集されている方、
「新型コロナウイルスの存在証明はされていない」
とうことは知っているかと思います。

世界各国の公的機関に問い合わせても、
「存在証明するものがない」
という回答です。
どこもかしこも。

今まで一体何だったんだという感じですよね。

そもそもが一番最初に中国で症状でた人の気管支を洗浄し、そこからえられた遺伝子情報の断片を「新型コロナ」とされたのが始まりと言われています。
気管支って、いろんな常在菌がいるのに…。

まぁ、新型コロナウイルスが実際にあるのかないのかは置いといて、
でも「新型コロナウイルスの病態」は確実にあると実感した出来事がありました。

ある日、訪問診療にうかがっている施設でコロナ陽性が出たとの一報を受けました。
そこでは一人の患者さんだけを診ていました。

みるみるうちに感染者は増え、クラスター認定されることに。
自分の担当患者さんもPCR陽性とのこと。

一体、施設はどう対応するのか?入居者さん、患者さんはどうなるのか?

心配をよそに、結構対応が早くて、とあるA診療所が自分の患者さんを含め、クラスターが収束するまで一括して診察してくれることとなりました。
確かに危機管理として、いろんな人が出入りするより決まったところが対応した方がよいです。

いろんなチームが出入りすると、それぞれのお作法もありますし、それが混乱を招くこともありますから。

その診療所の先生から、何回か連絡をいただき、患者さんのことについて報告していただいたり情報交換をさせていただきました。
A診療所には感謝しかありません。

で、クラスターが収束したあと、その施設の女性スタッフSさんにいろいろとお話を聞かせていただくことができました。

施設でクラスターが発生すると、いくら高齢者といえどやはりすぐに全員入院という訳にはいかないようです。
PCR陽性の患者さんがそのまま生活しているのに、じゃあ誰が面倒みるんだという話になります。

実はSさん、自分もPCR陽性だったとのことですが、施設内で働き続けられたそうです。
つまりレッドゾーン内で、陽性のスタッフが陽性の入居者のケアを続けていたのです。
他にケアする人がいないからなのでしょう。
自分の体調の不安も相当強かったと思います。

もし自分が陽性だったら、我先にと入院先を探すか、自宅療養するかを選ぶと思うのですが、このSさんの行動に心からびっくりしました。

自分が逃げ出したら入居者のケアは一体誰がするんだという強い使命感
そうそうできることではありません。

しかしやはり新型コロナはそこまで甘くなかった。

Sさんがついに倒れてしまいました。

上記の画像は入院時のCTです。

すこしわかりづらいかもしれませんが、
右肺(画像では左側)にいくつもの白い塊のようなものが見えます。
左肺の下の角の方も白くなっています。
素人の方がみても明らかにおかしいと思えるでしょう。

こんなにくっきりはっきりと、しかもたくさんの病変が認められる画像なんてそうそうみません。
ぱっとみたときの感想は「不気味」
「なんだこれは!?」
という感じでした。

さらにびっくりすることが。
入院時の採血では、白血球が4520CRPが2.45なのです。
全然炎症反応が高くなく、血液検査の結果だけを見たら、「すごぉく軽い風邪にかかったかも」くらいのレベルです。
いや、それ以下と言ってもよいくらいです。
しかもリンパ球が35%もある。

これくらいの血液検査なのに、あのCT、レントゲンの派手すぎる画像所見が本当に信じられません。

「あの画像は、本当に本人のものか?」とまず疑ってしまったくらいです。

あんなすごい画像所見と、この血液検査の所見の「乖離」、本当に不気味過ぎます。

正直経験したことありません。

これじゃ採血しても重症度はわかりません。
CTあるいは酸素濃度で調べるしかないでしょう。

入院当初は38℃で、着替えや電話もでき、食欲もあったそうです。
しかし入院2日後くらいから急激に体調が悪化し、咳込み、強い倦怠感、食欲低下、呼吸苦も強くなってっきたそうです。
すぐ横にあるトイレにも休み休み行かないと行けないくらいだったそうです。
酸素濃度も、酸素なしで90%ギリギリだったとのこと。
確かに少し動くだけであっという間に低酸素になってしまいます。

目立った症状がでる前に、知らぬ間にあんなにも肺で病変が進行する。
それから少し遅れて症状が急激に悪化する。

かなり恐ろしい病態ですし、今までに聞いたことがないです。

これだけみても、「自然」という感じではなく、「人工」っぽいかんじがします。
「人工」ウイルスの経験なんてないですから憶測になってしまいますが、「普通」ではないのは確かです。

CRPは感染より遅れて上がってくるのでのすが、それでも入院6日後で8.89までくらいしか上がっていません。

不思議なのが入院10日後に白血球が9490まで上がっていること。
アビガンとか特殊な治療はされなかったようなので、治療の影響ではないと思われます。
それか入院8日目くらいからステロイドやヘパリンはやったとのことだったのでその影響なのか…。
血管の炎症によるものなのか…。
ウイルス性疾患では基本的には白血球は大きく変動はしませんが、病態によってはどんどん免疫力が低下し
常在菌などが悪さして別の感染症にかかる→白血球上昇ということは起こりえます。

ちなみに同じく陽性だった管理者の女性の方は施設に寝泊まりし、最初から最後まで入所者の介護、家族、保健所対応をされたそうです。

かなりギリギリの状態だったと思われます。

でもスタッフさんの懸命な介護、A診療所のサポートにより無事犠牲者も出すことなくクラスターは収束しました。

最終的に入居者、スタッフ合わせて35名前後がコロナ陽性。
そして残念ながら1名が亡くなられてしまいました。
亡くなられてしまった方には大変気の毒ですが、体力が落ちている高齢者が少なくないにもかかわらず、1名だけですんだのはスタッフさんによるところが大きいと思います。

施設でクラスターが出た場合の対応って本当に難しいと思います。
介護スタッフが全員潰れてしまったらどうするのか?
そしてこんなに献身的なスタッフがいる施設ばかりではありません。

国とか自治体は、施設でクラスターが出た場合はなるべくそのまま施設でみるようにと指導しているようでもありますが、スタッフについては考えているのでしょうか?

今回のケースでは、スタッフさんの強い使命感によって守られましたが、もしこれでスタッフさんに万が一のことがあったら…。
施設丸投げの国や自治体の責任にはならないのでしょうか?
あきらかに現場スタッフさんの「使命感」に頼っているだけです。

愛のない施設だったらどうなることやら…。って思います。

で、最初のお題ですが、新型コロナは存在するのか?

こんな画像を見てしまったら、「存在する」と思わざるをえません。

それが本当にウイルスによるものなのか、エクソソームといわれているものなのかは不明ですが。

ただ、いま人工ウイルス説が再燃しているように、人工ウイルスの可能性は高いと思います。
病態的にも、明らかに不自然な経過をたどります。

じゃあなんで、世界中の公的機関が「存在証明できない」のか?

それは「人工ウイルス」だからではないでしょうか?

堂々とウイルスを公表されてしまうと、明らかに人工的であることがすぐにバレてしまうから。
だから存在証明できないことにしているのか。

あるいは本当に特殊なウイルスだから、分離培養が困難なのかもしれません。

日本の感染研も、一度「分離に成功した」と発表したにもかかわらず、なぜか理由がはっきりしないまま取り下げています
明らかに不自然な行動です。
たぶん巨大な勢力に怒られたんでしょうね。
勝手なことすんなって。
あのSTAP細胞騒動もそんな感じの話だと思っていますが。

実験ノートの不備について、同じようなことをノーベル賞の山中教授も行っていたことが判明し謝罪会見しているにもかかわらず、小保方さんと扱いがまるで違う。
小保方さんの時は鬼の首を取ったような扱い。
でも山中教授の時はほぼスルー。

おっと脱線してしまいました。

Sさん、退院後に不思議な症状が現れました。
両手の甲に、くっきりと境目がはっきりした皮膚症状が現れたのです。
まるで手袋をはいているかのような感じです。

画像ではわかりにくいかもしれませんが、ひどいときは色も赤黒く両手の甲全体にじんま疹のような、でも皮膚は固い感じでした。
治療の影響か、コロナの影響かは定かではありません。
片方の手だけであれば、血栓の影響とか物理的な影響が真っ先に考えられますが、両手の甲が同じように境目がくっきりして赤くなっているのです。

ちなみにSさん、入院中に夜な夜な病室に誰かが来ていたそうです。
男性3人で、陰のような真っ黒な人だったと…。
本当に人がいたのか、幻覚なのか、それとも死の淵をさまよっていてもおかしくないので、お迎え的なものがみえたのか…。
あるいはお化けか…。
霊感があるかどうかは聞いてませんが…。

あんな派手な画像所見で無事生還されたSさん、リアルな話とデータを提供していただきありがとうございます。
すごく貴重な勉強をさせていただけました。