やっぱり追加接種の話がでてきました

前回のブログで、河野大臣の「ワクチンは1年効果がある」という発言は、根拠がないテキトー発言であるのはもちろんのこと、ビッグファーマにとって許されない発言であると書きました。

製薬会社としては、年2回であるとか、変異株のたびに接種させることを狙っているんじゃないかと。

そしたら今日のニュースにこんなものがありました。

新型ウイルスワクチンの追加免疫接種、秋の開始に向け準備=英保健相 /BBC

秋から追加接種するんですって。

NHS基金や王立一般医協会の会長は以下の点について答えを知ることが重要だと述べているそうです。

・元々の2回の接種による免疫はどれくらい続くのか。ブースター接種は必要なのか
・ブースターでは、最初に受けたワクチンと同じ種類を打つことになるのか
・変異株向けに調整されたワクチンはどれくらい効果があるのか
・COVID-19ワクチンは、インフルエンザワクチンのように毎年調整するのか。もっと頻繁に調整するのか
・未成年は接種対象となるのか。その場合の年齢や接種場所、同意の有無などはどうするのか

一つ目の疑問、「元々の2回の接種による免疫はどれくらい続くのか」については河野大臣によると1年らしいですけどね。
(河野大臣いじりはこの辺でやめときます)

気になるのが三つ目の疑問です。
「変異株向けに調整されたワクチンはどれくらい効果があるのか」

変異株向けに調整されたワクチンなんて今までないですよね。
というか、変異株向けに調整できるのですよね。
じゃあ、なぜにインド型であるとかに調整しないのでしょう。
調整しているなんて話まったく聞きませんけど…。

やっぱり今のワクチンって在庫処分じゃないのって思ってしまうんですが。

変異株が大問題というならば、ワクチンも調整するべきです。
すぐに調整できるというのが遺伝子ワクチンのメリットなはずなのですから。
変異株にもすぐに対応できるというふれこみもあって、それで特別に緊急使用というかたちで承認され使われているんですから。

世間では変異株だ変異株だって大騒ぎしているのに、ワクチン会社、なんもやってないじゃないですか。
ファイザーやモデルナの幹部は違う「株」売ってボロ儲けしているだけじゃないですか。

コロナワクチン開発会社の幹部ら、5億ドル近くの株売却

ファイザーやモデルナなどの幹部や取締役は、株を売って525億円儲けたんですってよ。

大量にワクチンを生産し、「変異株にもある程度対応しているよ~」ってテキトーな有効率の数字出して、初期型ワクチンを消費させ続けています
で、ワクチン慎重派から劇的な推進派に寝返った○○教授なんかは、そういう数字を信じ切ってワクチン推奨してますね。
素人には理解しづらい論文とかの数字を引用したりして、それらしく説明していますが。
その教授、推進する立場になったからなのか、ちょっと前にはミヤネ屋に出してもらってましたけどね。
まぁ、ワクチン推進した方が金になるし有名になるのは間違いないです。

妊娠に影響ないかとか、子どもに影響ないかとか、次世代に影響がないかとか、実際に何年にもわたって観察しないとわからないものです。

先のことがわからないのに、不確かなことを「大丈夫」という人は本物の学者、研究者とは言えないです。

しかし秋に追加接種って、一体いつまで人体実験が続くんだか…
そしてどれだけワクチンを打てば良いんだか…。
ワクチン無しでは生きられない体になっちゃうのではないでしょうか。
(免疫系が破壊されて、あながちあり得ない話ではありません)
ワクチン屋さん、ワクワクですね(おやじギャグ過ぎますね…)。

ちなみに、ワクチン命の方たち、今年はインフルワクチンはどうするんでしょうかねぇ。
昨年はまったく流行も何もなかったですけど、「ツインデミック」とかいってメディアに踊らされ、多くの人がインフルワクチンを接種してました。
自分は当初から「様子をみてから決めてもいいんじゃないですか?」と患者さんには伝えていましたが…。

はたして、今年も「ツインデミック」という不確かな恐れからインフルワクチンに群がるのでしょうか。
何度も言いますが、「様子をみてから」でいいと思いますよ。
(というか、そもそもインフルワクチンは勧めませんが)

ちなみにたぶん裏では、今年はいかにインフルエンザワクチンを売るか作戦会議がおこなわれていると思います。
昨シーズンは大成功でしたが、あまりにもインフルエンザが出なかったもので、無駄だったことがバレちゃいました。
今年はどういう手でくるのでしょうね。
ちょっと楽しみでもあります。

話は変わりますが、
G7のあと、イギリスでは感染爆発していたようですが、これって接種率が進んでいるはずなのにほんとにワクチン効果あったの?って思ってしまいます。

G7の英コーンウォールで2450%増の感染爆発 人流増でデルタ株拡大 東京五輪は本当に安全か

しかしワクチン推進派の意見では、「ワクチン接種が進んでいるから重症化は少なく済んでいる」と胸を張って主張してます

だけど、ワクチンの効果なのかどうかなんてわかりませんよね。

これまでかなりの感染者を出していたイギリスですから、すでに自然な免疫を獲得していた可能性があります。
あるいはすでにこれまでに多くの方が亡くなっており、いわゆる弱者の人が減っているから今の死亡率が低くなっている可能性もあります。
あるいは、ただ単にインド株(デルタ株)が感染力が強いだけで、もともと重症化をあまり来さない弱毒株なのかもしれません。

だけどワクチン推進派は、ワクチンのおかげと主張し、ワクチン打て打てとさらに拍車がかかっています。

本当面倒くさい。

ちなみに、変異株の呼び方がインド株とかの地域名から、ギリシャ文字を使うことにしましたが、
アルファ、ベータ、ガンマ、デルタまでくらいはなんとかわかりますが(次のイプシロンもかろうじて)、その先はなんでしょう…。
自然に出てきません。

ちなみに答えは…
<ギリシャ文字一覧>
https://www.koka.ac.jp/morigiwa/sfc/greek.htm

この先コロナの変異株、一体どのギリシャ文字までいくんでしょ。
いつか、カッパ株とか、クサイ株とか言う日が来るのでしょうか。