で、効くのですか?

なんだかYahoo!とかみていると、ワクチンが変異株に効くとか効かないとかの攻防であったり、ワクチンのデマに関する攻防であったり、俯瞰してみてみると結構おもしろいです。
中国製ワクチンを貶めるニュースであったり。
(まぁ、本当に効果には疑問があるのかもしれませんが)

「あぁ、こういうふうに世論を持っていきたいんだなぁ」というのがみえてきます。

変異株に効果があるというニュース。
これって、試験管内でのデータであったり、数少ないサンプルをみてのことですから、実際のところはわかりません。
東北大学の○○教授なんかは、どこかの受け売りで「変異株にも90%以上の効果がある」とかメディアで言っちゃっているもんですから目が当てられない。
それにそもそも元から変異株自体が弱毒化している、そんなに重篤化をきたさない可能性が十分あるわけで、本当にワクチン効果なのかには疑問が残ります

基本的にウイルスって、絶滅しないために弱毒化する方に進化していきますからね。
デルタ株の主症状は、頭痛や喉の痛み、鼻水などらしいですし。

それに、ワクチン接種でも乾癬が広がっているというニュース、結構ありますよね。
ワクチン接種でも陽性、スポーツ界に新たな難問

デルタ変異株による感染者増加で再びマスク着用を義務化=「ノーマスク」宣言をしていたイスラエル

G7がおこなわれたイギリスの地方では2000%以上増えたといいますし、オーストラリアのシドニーでも初のロックダウンとなっています。
豪・シドニーで初の全面ロックダウン 変異型広がる

ロシアもかなりひどいことになっているようですが、「スプートニクⅤ」がそもそもよくわかりませんけどねぇ。

世界の情勢をみていると、どうも感染者は広がっているしワクチンが効いているように感じない。

で、米疾病対策センター(CDC)からこんなニュースが飛び込んできました。
コロナ変異株、ワクチン接種完了でも発症する可能性 CDCが警鐘

「感染は完全には防げない、重症化を予防する効果がある」という、ワクチン推進の人が良く言うコメントですね。
だから、重症化予防があるかかどうかは、変異株の性格によるものかもしれないのにって思うんですが。

あたかも、変異株が弱毒化してくれたおかげなのかもしれないのに、ワクチンのおかげみたいな話にしてその成果を横取りしているみたいな。
うまいことやりますよねぇ。

例えばこのニュース。
70歳以上感染者、10分の1に 知事「ワクチン奏功」

愛知県大村知事は、ワクチンのおかげで高齢者の感染者が減ったと。
本当にそうでしょうか??

北海道はここ連日感染者数がかなり落ち着いています。
本当に驚くほど感染者数は連日少ない日が続いています。
6月28日時点での、人口100万人あたりの新規感染者数は「45.5人」
一方で愛知県は、「60.8人」
【都道府県別】人口あたりの新型コロナウイルス感染者数の推移

北海道は愛知県より明らかにおさえられています。
だけど・・・
北海道のワクチン接種率(高齢者)はなんと堂々の全国最下位!(ふふっ)

ちなみに愛知県は66.91%も、北海道は42.3%だけしか打っていません(6月28日現在)。
コロナワクチン 高齢者の接種割合 都道府県別一覧

つまり、必ずしもワクチン接種率が高いからといって感染者数が減ったとは言えません。北海道がいい例。
つまり、大村知事が言っていることは間違っている可能性が高い
つまりつまり、いま流行の「デマ」です。

一方で国の見解は…
高齢者のコロナ感染率が低下、ワクチン効果は分析中=官房長官

さすが、「オレはワクチン打たねーよ」発言の加藤さん。
ワクチン評価は慎重ですね。

そして世界ではこのニュース。
「ワクチン接種した後」コロナに感染し、入院・死亡した米国人「4000人」越えた

ワクチン打ってもコロナにかかって750人死んでる。

で、気になるニュースは以下のものです。
外信「ワクチン打つとデルタ株の死亡率6倍に」…英報告書を詳しく分析してみると

内容は、簡単に書くと、
接種が完了した4087人がデルタ(インド)株に感染した。
このうち26人(0.64%)も亡くなった。
未接種者は3万5521人が感染した。
このうち34人(0.1%)だけが亡くなった。

これはイングランド公衆衛生局の報告書を分析しての数値です。
ちなみに入院比率も「接種していた方が高い」という結果になっています。

これに対して専門家は、
「2つの数値は(年齢・接種率・性別など)同一条件で統計処理をせずに観察したもの」
「もちろん観察も研究方法の一つではあるが、明らかに限界がある。どれくらい有意味なのか、検証が必要だ。そうでなければ(死亡率の高低を)判断することは難しい」
とのことで、
「単純比較で資料わい曲、デマだ」
と言っているわけです。

確かさでいうと確かにもっと信頼性のおける研究というものはありますが、「観察研究」も一つの研究です。
ですから、上記の
「ワクチン接種の方が6倍の死亡率」
という結果もむげにできないはずです。

デマだと言った専門家、そうであれば、あなたが(年齢・接種率・性別など)同一条件で統計処理をしたちゃんとしたデータを出して反論したらいいのにと思うのです。

いっぱしのそれらしい理由あげて「デマだ」って言うんじゃなくてね。
上記の専門家は、河野大臣流の中身のない上っ面だけの反論です。

いまやワクチンに関するニュースにはいろんな細かい数字が出てきますね。
自分も今回いろいろあげてみましたが、正直こんなのどうだっていい

どこかの勢力に都合の良いように発信されるニュースとその数字
正直みているだけで疲れてきちゃいます。

統計的な数字なんていかようにも細工できてしまうからです。
都合の良い数字に細工できてしまうからです。
ほんのちょっとのサンプルだけで、大きく数字をみせることなんて簡単です。
以前にも書いたかもしれませんが、骨粗鬆症の薬で「100人中2人骨折するのが1人に減った」という事実があります。
それで、「この薬を使えば50%骨折を減らせます!」といって宣伝するのですね。
ちなみにこの薬は「ビスフォスフォネート製剤」という一般的に使われている薬です。

もっと大まかな数字、実際の数字だけみればよいと思います。
例えば日本でワクチン接種後何人死んだとかね。
計算した数字ではなく、実際の数字は事実ですから。

自分では詳しい計算だとか研究なんてしていないですけど、今の世界の情勢をみていると、初期型新型コロナワクチンの効果には疑問を感じますね。

現に、こんな見出しのニュースが今日流れました。
新型コロナ インド型流行 ワクチン先行国でも再拡大

今言われている、変異型に○○%効くなんて、はっきり言ってそんなにしっかりした根拠はありません。
そういう細かい数字を追うのではなく、ここは適当かもしれませんが大まかな「感覚」で判断しても良いのではないでしょうか。
だいたい、変異株は○倍感染しやすいとか、一体どうやって調べたんだって世界です。
絶対に○倍なのか?と。
必ず○倍なのですか?

たとえ変異型に対応したワクチンができようと、コロナウイルスの根本として「変異」が得意なウイルスなのですから、いたちごっこです。
「すぐに変異して生き延びる」ことだけが取り柄といってもよいくらいのウイルスです。

だからコロナウイルスに対して、ワクチンに「打ちどき」なんてものはありません

それは新型コロナであろうと、それが人工発生であろうと事前発生であろうとです。

これが人類がこれまで「風邪」を克服できなかった理由です。
今の世界のかんじ、やっぱり克服できそうにないでしょ?

最新技術だかなんだか知りませんが、得体の知れない遺伝子ワクチンだって無駄だと思いますよ。
つまり、初期型であろうと、変異型に対応したワクチンが新しく出てこようと、コロナはどんどん変異します。
そのうちほとんどの人が自然免疫獲得しそうですけどね。

ワクチンだけが望みだとか、ワクチンによって日常が取り戻せるとか言っていた、コメンテーターや専門家の人たち。
ぜ~んぜんそんなふうになっていないですけど。

最後に。
冒頭で、世界ではワクチンに関していろんな攻防が行われていると書きました。
そこで今日のニュース。
伊首相が中国製ワクチンの有効性に疑問 中国は反発

勝手にケンカしてろって世界です。