もうこんなのいらない!

ネットニュースを見ていて、「こんなものいらない!」と思うもの。

ずばり

有名人のワクチン接種報告。

だからなに?と思ってしまう。

もっと有益な情報を流しなさい。

三浦瑠麗氏、ワクチン2回目接種の副反応を報告 高熱に筋肉痛も「不調は耐えられます」
「むしろそれによって自由になる効果を期待して打ちました」って…。
そういう考え方するから、感染が爆発するんです。あなたみたいな人がウイルスを運ぶんです。なにもわかっちゃいない。

梅沢富美男 ワクチン接種して「元気になった!」
「元気になった!」って…。良かったですね。栄養剤の注射でもしたんでしょうか。

橋本志穂「ワクチン接種から28時間ほど経って熱が上がってきました」関節の痛みを報告
コメントなし。

ノンスタ井上、父親が1回目のワクチン接種を完了「無事に終わって良かった」
父親の接種報告かい。これがニュースになるなんてねぇ。

テリー伊藤 ワクチン接種を受けた「ホッとした。これが一番大きい」
ずっとホッとしていてください。

西川史子 ワクチン接種を報告「争って受けるものでもない」
特にコメントなし。

極めつけはこれ。
上沼恵美子 ワクチン接種“高齢者くくり”にショックも…1回目は「そよ風が吹いた、みたいな感じ」
そよ風が吹いちゃったらしいです。どうしちゃったんだろ。

あげればきりがありません。
有名人は何で打ったこといちいち報告するんでしょ。
そしてなんでメディアはそれを取り上げてわざわざニュースにするんでしょ。
ワクチン打ちたきゃ黙って打ってろって話です。

本当にメディアって不平等だと思いませんか?
打たないと決めている有名人のニュースは取り上げないんですね。

まぁこの世の中、ワクチン打たないというと変人扱いですし、イメージが大事な有名人にとっては死活問題にもなりかねませんからね。
例えば製薬会社からのCMのオファーは来なくなるとか。
そういうこともあって声を大にして宣言できないんですね。

唯一、さんまさんだけですね。
打たない意向を示しているのは。
あの人はすごい。

上記のニュースを見ても、もうあからさまにメディアはワクチンを打たせようとしている。
気持ち悪いくらいに。

これも一つの洗脳方法ですね。
有名人がワクチンをどんどん打っている。=安心、安全と思い込ませる。
同じようなニュースばかり流す。=脳への刷り込み。

ちなみに、有名人といえば、政治家のワクチン接種ってあまりニュースになっていないんですよねぇ。
数名はいますけど。
安倍晋三とか。
持病あるんだし、優先接種したらいいのに。
安倍昭恵は、あの人は違う方を向いてるから、ワクチン打たないでしょうね。

森喜朗もね。
体大分弱そうだし、どうぞどうぞ打ってくださいって話です。
二階幹事長なんかも相当高齢でリスク高いですよね。
麻生太郎は??
打ったなんて聞いてませんねぇ。

こうみると、大物政治家はほとんど打ってません
打ったニュースは聞いてません。
打ったなら打ったとニュースになるでしょう。
だって、それが一番の宣伝効果になりますから。
国民を説得するね。

高齢者優先といいながら、超高齢大物政治家は打っていない。
一般国民を優先するため?
ある意味そうでしょうね。実験台として一般国民を優先させている。
本当に良いものなら真っ先に打ってるはずですよ。
こっそりではなく、もちろんそれを大々的に報道して、国民に安心ですよとメッセージを送るに決まってます。

まだ大物政治家は打ってないんですよ?
さすがになんかおかしいと気づかないと。

それにしても今日のニュースでびっくりしたもの。
「接種したら無期限の自宅待機」タマホーム社長が社員に“ワクチン禁止令”

数日前にちらっとニュースになりましたが、デマだと片付けられていました。
しかし本当だったようです。

タマホーム最強ですが、ちょっとやり過ぎですね。

ワクチンの治験にどうしても参加したいんだと熱望している人を止める権利は残念ながらありません。
ましてや仕事上で差別をするのはよくありません。
シェディングの可能性を考えると気持ちはよぉくわかりますが。

同じようにワクチン打っていないからといって差別を受けるのは嫌ですよね。

ちょっと突っ走ってしまいましたね。
でもこれも社員を思っての熱すぎる気持ちからなのでしょう。
真実に気づいてほしさあまりに…。
少しでもワクチンに疑問を持って欲しかったのでしょうね。

ワクチンの危険性を勉強している人にとっては、家族にだけはどうしても打ってもらいたくないと思いますよね。
説得もしますよね。
でも、それも、「家族が打ちたい」と気持ちが固いのであれば仕方ないのです。

例え家族であろうと、人は人。
何度説明しようが、何度説得しようが変わらないものは変わりません。

もうこれは「運命」だなとあきらめています。
そういう運命なのです。

運命で片付けていいのかわかりませんが、そう考えないとやってられません。

情報提供はする。できる限りのことはする。
あとは本人に決めてもらうしかないです。

ただ、一番防がなくてはいけないのは、ワクチンを打ちたくないのに半強制で打たされること

九州の26歳看護師さんが亡くなってしまったように、あの方はワクチンは打ちたくないと周囲にもらしていました。
しかしコロナ病棟で働いている、以前クラスターが出てしまったからとのことで、自分の意に反して打つことになってしまったそうです。

今のワクチンは変異株にもほとんど効いていないし、はっきり言って打つ必要はないと考えています。

イスラエル首相「ファイザー製ワクチンの予防効果が、デルタ株には予想より弱い」

一国の首相が発言した意味は大きいです。

ファイザーやモデルナはワクチンの情報をすべて出しているわけではなく(厚労省でみれる資料も黒塗りばかりです)、そう意味では怪しいワクチンであることに変わりはありません。

変異株にも効かない、情報も出さないワクチンには正直「反ワクチン」の思想でも良いのですが、それよりもまず「ワクチン強制するな運動」が大事ではないでしょうか?

今日の夜のNHKのニュースを見ていたら、やはり3回接種の話題が出ていました。
そしてコロナ後遺症のことも。
若い人にコロナ後遺症が多い、だから若い人もワクチンを積極的に打ちましょうって論調です。

コロナ後遺症については未だに科学的な説明はついていません。
だけど実際にある病気として報道し、大きな問題として取り上げています。

一方、子宮頚癌ワクチン後遺症についてはどうか。
これも一応は科学的な機序はわからないとされています。
ここまではコロナ後遺症と同じです。
だけど、子宮頚癌ワクチン後遺症は国は「心の病」として片付けているのです。

なんなのこの差。

コロナ後遺症も心の病という話もあります。

何もわかっていない今の段階で、コロナ後遺症をワクチン接種の動機づけに利用するNHKはほんと浅はか。

最後に。

ここ最近のコロナ死亡者数は、1日8~13人
全国でですよ。
東京の感染者数はウナギの登りだっていうのに。

一体国は何を目指そうとしているのか。

亡くなられた方は大変気の毒ですが、これだけの死亡者数で何でこんなに大騒ぎしているのか
しかも年代的には寿命に近い方がほとんどであり、たまたまコロナ感染がきっかけでなくなってしまったケースがほとんどです。
(対照的にワクチンで亡くなると、寿命が近かったからだとまったく問題にされませんね。)

これでも、怪しいワクチンを打たなきゃならんのでしょうか。
これでも体を張って治験に参加しないといけないのでしょうか。

コロナ死亡者をゼロにするんだったら、薬害とか医原病で亡くなる人をゼロにする努力とかしたらいいのに。
そっちの方が医療費削減にもなるし、一石二鳥。
少し本気で動けば、簡単にかなりの効果が出ます。

死亡者ゼロを目指すのであれば、車の交通事故死をゼロにするために、車禁止にしろよって話です。
そんなことされたら嫌ですけど。

国がやっていることはなんも整合性がとれていないんですね。
オリンピックの件もしかり。

だから裏に何か別の目的があると思ってしまうのです。
お金のことであったり、あとは・・・。

何が平和の祭典だ。