おでこに鍼体験

前回に引き続き、針つながりで、別の話題を。

今日、ひょんなことから人生で初めて針を打たれました
「針」というより「鍼」と書いた方が正確か。

自分はこれまで患者さんや周囲の人には鍼灸などの東洋医学系の治療もバンバンすすめてきました。
西洋医学バカの人にとっては、東洋医学とかツボとか経絡とか、うさんくさいって話になってしまうのですが、これだけ歴史のあるものにはちゃんとした根拠があるのです。
自分もいつかは鍼灸を学びたいと思っているくらいです。

で、今日たまたま施術を体験させていただく機会があって、おでこに一カ所、髪の毛のようなものすごく細い針を刺してもらったのですね。
そうしたらあら不思議!
首の筋肉の硬さが一瞬にして和らいだのです。

言葉が雑ですが、「マジにびっくりした」

『「感動」の一言』とはこういうときのためにあるもんだなと実感しました。

お言葉に甘えて、クリニックスタッフもみんなやってもらったんですね。
その人それぞれの不調なところを。
全員感動していました。
そして全員からだが一瞬にして軽くなるという。
体軽くなって「よし、午後の仕事がんばるぞ!」ってなれば良かったのですが、あまりの気持ちよさに午後の診療やめてそのまま寝たいくらいでした。

この施術をやっていただいたのは、南区澄川で開院されている柏木桃音さんです。
SPICY MOON

ブログもやられています。
https://ameblo.jp/spicymoon-raindrop/

肩書きは「カラダの通訳者&治療家」とのことで、正直一瞬怪しいと思ってしまうかもしれませんが、施術を受けたらこの肩書きに心から納得します
というか、体を目で見てもらっただけで「体の通訳者」に納得します。

この方マジにびっくりです。
その人の体と対話して、不調なところを一瞬で見極めてしまうのです。
本当に秒でその人をわかってしまう
そして施術しながら、さらにその人の体を理解していくという感じ。

何でわかるの?って感じです。
でも経歴をみたら納得です。
ものすごくたくさんのことを学んでこられています。

病院での治療もそうですが、患者さんの治療をする場合、いろんな手を知っている方が絶対によいです。
西洋医学だけでは限界があります。
そんなときに東洋医学であるとか、代替療法の知識があるとより治療の幅が広がります。
西洋医学だけで何でもやろうとするなんてただの奢り。
西洋医学バカです。
一番やっかいなのは、西洋薬でしか治療できない人。
病院にかかるときも、いろんな分野に理解のある先生の方が絶対によいです。

で、柏木桃音さんの強みは、ご自身が化学物質過敏症であることです。
化学物質過敏症は一般的にはあまり理解されていません。
でも実際に苦しんでおられる方が多くいます。
とくに今回のワクチンによるシェディングでは、強い強烈な影響を受ける傾向にあります。
地べたに四つん這いになって、立ち上がれなくなってしまうほどの方もいます。

こんな化学物質まみれの世の中で生きていくのは結構大変です。
そんな苦労や、辛さなどを骨の髄から理解されています。

だからこそ本物の技術を身につけられたんだなと納得しました。

で、今日思ったのが商売よりも患者さん(お客さん?)への思いが強いということ。
損得無しに体が動いてしまう。
こういう方ってすごく信用できます。

シェディングでは後頭部など首回りに強烈なコリを感じている方が多い印象です。

シェディング関連では「不安」などの気持ちが強くなっている方も多い印象があります。
そしてこのコロナ騒動でワクチン接種派・反対派だとか、なんだかギスギスした世の中で心が疲れてしまっている方が多くいると思います。
こちらのサロンではいろんなメニューがあるので、癒やされること請け合いです。
自分もあんな短時間でスッキリしたのですから。
スタッフもみんなもっと受けたいと話しておりました。

札幌や札幌近郊にお住まいの方、試す価値はすごくあると思います。

めちゃくちゃ宣伝みたいですが、宣伝です。
というかこんなに良いものがあるこんなにもすごい治療家がいるということをみなさんに知ってもらいたいし、ぜひ一度経験してもらいたいと心から思いました。

体の不調があって、病院に行ってわけわからん診察受けるくらいなら、施術を受けた方がよほどスッキリすると思います。
というか満足感が違うと思います。

女性にはウレシイ、美容鍼灸や美顔鍼のメニューもあります。
うちのスタッフは美顔鍼も受けさせていただいてその効果にめちゃくちゃ感動してました。
私は美顔鍼は受けていません。おでこ鍼です。

ちなみに下記のページの下の方にある、「いろいろな経歴」がおもしろすぎます。
治療家としてだけでなく、いろんな分野での経験が豊富すぎます。

「ビタミンDやグルタチオンを使っての内からの対策」と、「鍼灸などの外からの対策」合わせ技は最強かもしれません。