消されたニュース

昨日こんな衝撃的なニュースが出ましたね。

・ワクチン感染予防効果40% WHO
・コロナワクチン、感染予防効果は40% WHOが警告(AFP=時事)

だけどだけど、このニュース、完全にネット上から消されています
確かに衝撃的だし、ワクチン接種を全世界の人に強引に勧めようとしているのに、このネタはさすがにマズい。

気持ち悪いくらいに消されています。
Yahoo!ニュースでもみつからないし、元のニュースを報じたAFP通信のHPでも消されています。

ちなみにこんなふうに書かれていました。

—–
【11月25日 AFP】世界保健機関(WHO)は24日、新型コロナウイルスの変異株「デルタ株」に対するワクチンの感染予防効果は約40%であると指摘し、人々がワクチンに対して持つ過信について警告した。

WHOのテドロス・アダノム・ゲブレイェスス(Tedros Adhanom Ghebreyesus)事務局長は、接種済みの人の多くが、他の感染予防策がもはや不要になったと思い込んでいると指摘。だが感染力の強いデルタ株のまん延により、以前は約60%だったワクチンの感染予防効果が約40%に低下しており、接種を完了した人も感染予防策を続けなければいけないと訴えた。

テドロス氏は「ワクチンは命を救うものだが、完全に感染を防ぐものではない」とし、接種をすれば重症化や死亡のリスクはかなり低くなるが、自身が感染したり、他人に感染させたりするリスクはあると説明。接種後も、マスクを着け、対人距離を保ち、人混みを避け、人と会う時は屋外か通気の良い屋内にする、などの対策を怠らないよう呼び掛けた。
—–

みなさん、コロナワクチンの予防効果って、95%だとかって聞いていませんでした?
こんなに素晴らしいってメディアでももてはやされ、医者や専門家も素晴らしいと賞賛し、みんなに接種を勧める根拠の一つにしていました。

はたして、95%という数字、このニュースの数字とあまりにもかけ離れているので、95%は感染予防効果のことを言っていたのか心配になってきました。

https://issue.yahoo.co.jp/vaccine/article/202112/

上記サイトのでかでかとドヤ顔で写っている人は「こびナビ」の一味ですが、
「感染予防効果と発症予防効果は90%以上、重症感染予防効果にいたっては97%以上です。」
とハッキリ書いている。

世界の山中教授は、ある論文を取り上げて、
「感染そのものを85%程度抑制するという、非常に心強い報告です。」
と報告している。
https://www.covid19-yamanaka.com/cont5/37.html

以下は九州大学の教授の記事です。
https://www.jcer.or.jp/blog/babazonoakira20210908.html

ここでは
「感染予防効果はファイザー製ワクチン=95.0%、モデルナ製ワクチン=94.5%だった」
とハッキリ書いてある。

とても紛らわしいのですが、「ファイザーのワクチンは95%の有効率」とも言われていました。

有効率ってなに?
感染予防効果なのか、発症予防効果なのか。

他のところでは、「発症予防効果は約95%と報告されています。」と書いてあったりする。

なんだかよくわからんけど、90%以上の効果と宣伝されてみんな打っていたわけ

大体これを信じる方もどうかしているんですけどね。
こんなワクチン今までなかったし、遺伝子ワクチンという新しいものだから高い有効率なんだと思っているかもしれませんが、
そもそも何十年も完成しなかったのに、突然コロナの世界的パンデミックのどさくさに紛れて出てきただけ。

いわば野球でレギュラーと補欠みんな怪我しちゃって、野球を一度も経験したことのない人がバッターボックスに立つようなもの。
まぐれで球がバットにかするかもしれないけどね、レベル。

そんなワクチンを
「こんなに高い有効率のワクチンを打てるなんてありがたや、ありがたや~」って、み~んな待ち望んで打っていたんですね。
夜中に順番待ちしたりとかして。

でも、WHO様は
「ワクチンの感染予防効果は約40%」
とハッキリ申したのです。
(実際、感染予防効果はこんなにもないと思うけどね。)

このニュースがぽろっと出てしまって、いま火消しに忙しい。
さしずめ何かいいわけを考えているところでしょうね。

しかも
「ワクチンは命を救うものだが、完全に感染を防ぐものではない」
とハッキリ言っている。
どうしたテドロス。

なのに、日本はいまだに接種を強く勧めている。
仕事場でも無知な上司のせいで、部下がとんだ迷惑を被っている。
日本って「陰湿ないじめがある」というイメージなんですけど、今まさにワクチンをネタに大人の世界でそういうことが起きている。

ほんとにくだらないです。

ワクチンを信じてしまっている人は、まるで他の情報が目に入らないようです。
ワクチンの実際の効果であるとか、頭に入ってこないのか。

ワクチン推進派、強硬派はあえてこのニュースにコメントしないでしょうけどね。

———-

さて次のネタ。
これは消されていないニュースです。

大阪府の60代以上感染者、54%が「ブレイクスルー感染」…ワクチン効果薄まる

このニュースの目的は、
「早く接種した人は効果が弱まっているから3回目接種しなさいよ」
ってことです。

でも、60代以上の感染者の半数以上である54%がワクチン接種後感染(ブレークスルー感染)って…。

よくこんなので、ワクチンパスポートの議論ができますよね。

ワクチンパスポートは60代以上は与えませんとかないですよね?

ちなみに記事では、
40~50歳代は29.5%
20~30歳代は20%
と書かれていました。

40~50代でも約30%、20~30代でも約20%はワクチン接種後感染(ブレークスルー感染)なんですよ??
思ったより結構高い数字に思えるのですが。

また書きますけど、
よくこんなので、ワクチンパスポートの議論ができますよね。

小学生もわかる理論じゃないですか?
この点、ワクチンであるとかワクチンパスポートを強く勧める人の意見はどうなんでしょ。

やはりこの理不尽パスポートは別の目的があるようにしか思えない。

ワクチンの効果だって、最初言われていたことと違うことが起きているのに、みんな何も思わないのか…。
ふつう、3回目、4回目接種の話が出てきたら、「おいおい、話が違うよ」ってなりませんか?
効果だってそうです。
みんなワクチン打てば無敵みたいに思っていたんじゃないですか?
90%以上の効果を信じて。
3回目にいく人は思考が止まってしまっているようにみえます。

これだけ裏切られているのに…一途ですね。

—–
12月6日追記
ブログ読者様からご指摘いただきましたが、
大阪府のブレークスルー感染のニュース、Yahoo!ニュースのリンクは切れてしまっているようです。

確認したところ大本の読売新聞のサイトでは記事が残っていました。
https://www.yomiuri.co.jp/national/20211125-OYT1T50216/