札幌市長に告ぐ…

タイトル、なんだか犯行予告みたいで穏やかじゃないですが、犯行予告ではありません。

今回は完全に愚痴、苦情ブログです。
札幌市がどんな現状か、興味ある方は読んでみてください。

今年の札幌はあまりにも雪がひどすぎて大変なことになっています。

これまで大雪は1月と、2月初め、そして数日前(2月下旬)と3回ありました。

1月のときですら、「これは災害レベルだろ」と思っていたのですが、札幌市は雪まつりの準備に忙しく、除雪・排雪そっちのけで雪像作りしてました。

ちっとも街中、幹線道路の除排雪がすすまないのです。

結局、雪まつり中止が決まった途端に、除排雪が進み出しました。

札幌の市長の判断はこんなもんです。

自衛隊を派遣してもいいんじゃないかと思っていたくらいなのに、自衛隊には雪像作りをさせていたんですからね。

そして2月上旬の大雪。

こんな感じでした。

雪の中にあるもの、往診車1号機です。

例年はこのちっちゃな2WDの小型車でも回れたのですが、今年はさすがにダメです。
回れたといっても、毎年雪にはまり動けなくなり、地域住民の方々に助けていただくということが、年1回はありました。
ハイブリッドなので、バッテリー上がりには注意して、数日ごとにエンジンはかけていたのですが、バッテリーも上がっちゃいました。
雪国のハイブリッドは危険です。
いま電気自動車の流れになっていますけど、寒い地域では危険です。

ということで現在は2号機の大型車で回っています。
しかし燃費が悪い。
今のガソリン価格高騰には本当にまいります。

大型車はほとんど無敵状態で道路を走れるのですが、なにぶん除排雪がなっていないものだから、バンパーが前後とも割れました…。

2月上旬の大雪もひどかったですね。
なんせ、24時間降雪量が観測史上最高だったそうですから。

JRもストップ、路線バスもストップ、歩道も除雪されていない。
そして市長は、「車での外出は控えるように」だって。

じゃあ通勤・通学はどうするんだって話です。
一般市民のことなんか眼中にない様子。
一般市民の生活を知らないんだろうな。

地下鉄以外の公共交通機関がストップしているというのに、これまた除排雪がなかなかすすまない。

しかも市長は、「人の命に関わることはないから」との理由で、自衛隊への要請は見送ると。

おいおいおい、渋滞のせいで救急車が全然走れていませんよ。

当時、JR北海道の社長が頭を下げて謝罪していましたが、なんか違う気がします。
天気が読めないのは仕方ないことだし、JRが止まってしまうのは仕方ない。
それをJR北海道だけの責任にする方がおかしいです。
JR北海道を責める資格がある人は、「明日、札幌で24時間降雪量が観測史上最高に達しますよ」みたいに天気、降雪量を正確に予報できる人だけです。

JR東海のようにそれほど雪などの天候にも左右されず、東海道新幹線という楽に稼げるドル箱路線を持っているところとは違って、厳しい冬があるJR北海道が経営が厳しくなるのは当然の話です。
民営化されて、企業努力でがんばれと言われてもね…と思うのですが。
しかも燃料代が高騰すれば、ディーゼル車をたくさんかかえているJR北海道は本当に大変だと思います。

話がそれてしまいました。

ちなみに2月上旬の大雪のときは、朝の通勤時間、通常20分程度で行けるところ、2時間近くかかりました

で、次に2月20~22日にかけての大雪。
こんな感じでした。

これでも前日の夜に除雪したあとですから、本当だったらもっとすごい高さに雪が積もっていたはずです。
ちなみに、左に写っているタヌキは、例の息子にもらったタヌキの置物です。

そして21日の往診時の様子。

この写真も相当ですが、もっと真っ白で、本当に視界不良、ホワイトアウトって感じのときもありました。

23日の祝日はずっと自宅の除雪です。

さすがに1月、2月の大雪で、相当市民から市長にクレームが入っていたようですから、さすがに除排雪は早急に行っているだろうと…。

期待した自分が大馬鹿でした。

穏やかだった23日に除排雪を結構行っただろうと思っていたのに、今日訪問診療で市内を走りましたが、本当にひどい。ひどすぎる。

環状通であるとか、片側3車線の幹線道路が完全に1車線しかない。

市内はどこもかしこも大渋滞。
たぶんこれまでで一番渋滞がひどかった日のような気がします。

夕方クリニックに戻るのに、通常15~20分かかるところを、2時間以上もかかりました。
クリニック戻ってきたのは20時近くです。

そして、渋滞のせいで救急車が走行できなくなっていたケースを少なくとも4台目撃しました
大動脈解離だとか、心筋梗塞、脳出血、脳梗塞など一刻も争うケースだったら、本当に命に関わることです。

これでも秋元市長は、「人の命に関わることはない」という考えのようです。

JRもまた止まってしまっているし、千歳空港も全便欠航になったり、空港で多くの人が足止めを食らいました。

スーパーの屋根が倒壊したり、多重事故が起きたり。

本当に災害レベルです。

だけど、秋元市長は何も動かない

動かないで何をやっているのかと思えば…
自分は3回目のワクチン接種。

札幌市長も3回目接種 新型コロナウイルスワクチン 接種券なしで接種可能に

ハッキリ言って、3回目のワクチン接種より、街中の除排雪です。
今やコロナのことなんぞ考えている余裕もない。
それくらい日常生活、通勤、通学が大変なのです。

秋元市長は22日に3回目ワクチン接種を受けていますが、すでに街中は大雪で大変なことになっていたのですから、除排雪をリーダーシップを持って指示するとか、雪害対策を指揮するべきだったのではないですか?
優先順位すらもわからないのですかね?

200万の市民より自分のことが大事らしいです。

それがハッキリしましたね。

本当にもったいない。
こういうときこそ市民目線で動けばいいのに。
市民が何に一番困っているか、ちょ~わかりやすい答えが出ているのですから、その対策をしっかり行えば人気急上昇なのにね。

除排雪をスムーズにもできず、連日渋滞を引き起こしているのに、よくもまぁオリンピック招致なんて言えるもんだわ。
オリンピックなんて言語道断ですけど、まずはやることやってから言ってほしいものです。

確かに除排雪をする人員不足であるとか、高齢化があるとか言われています。
だったら自衛隊に協力してもらえばいいじゃないですか。

秋元市長は除排雪費用を削減してますからね。
しかも除排雪の仕方を突然変更しており、これまた市民からは評判が悪い。

ワクチンなんかのほほんと打ってないで、午後6時の南郷通を視察してみろってんだ。
(ローカルな話ですみません…)

ちなみに、うちのクリニック前の道もいつも渋滞がひどく、先ほど21時過ぎでも渋滞していました。
札幌で普通こんな光景はありません。

除雪作業で、古傷の肋骨は痛めるし、テンション低下中です。

いままで札幌に住んで雪が嫌だと思ったことは一度もなかったのですが、今年はさすがにいやんなっちゃいました。
除雪で体は疲れ切り、連日渋滞に巻き込まれ、道路での車のすれ違いには神経を使い、正直ヘトヘトです。

札幌がいいところだと思っている人、冬の札幌はやめといた方がいいかもです。
空港で足止めされて、空港で寝泊まりするはめになるかもしれないし。
市内に入れても、除排雪がぜんぜんなっていないから、移動もままなりません。

札幌市の雪の状況、どんな感じだったかは
「札幌 雪 ニュース」
などで検索してみてください。
動画のニュースがいくつか出てくると思います。

例えば、
“災害クラス”の大雪…建物倒壊相次ぐ 「捨てる場所がない」住民除雪にうんざり ガスボンベ交換も一苦労

ニュースでも「災害クラス」って言っているのに、秋元市長、今回の雪に関してはなんの会見もないですからね。

もう呆れて、言葉も出ません。