今さら厚労省データ捏造問題

コロナについてしっかりと情報収集されている方はもうご存じかと思います。
厚労省データ捏造問題です。

ひょっとしたらまだ知らない人もいるかもしれませんので、一応今回のブログで取り上げておきます。

話の流れはこんな感じです。

厚生労働省は10万人あたりの新規陽性者数を新型コロナワクチンの接種歴で分けて公表していました。

で、厚労省が発表しているデータによると、ワクチン接種するごとにきれいに感染予防効果を示すグラフだったのですね。
それをもって、「ワクチンは効果ある」と宣伝して、みんなに打たせていたのです。
子供にまで。

そりゃ厚労省が出したデータは、一般の人ならイチコロです。
国が出している正式なデータなのですから、ワクチン接種の強い宣伝効果になります。
てか、医療関係者ですらイチコロばっかりなのが驚きですけど。

しか~し、フタを開けてみると、コロナ陽性になった人で、ワクチン接種歴が不明な人はみ~んな「未接種」に分類していたのです。
「ワクチン接種歴あり」にしていても、いつ接種したか具体的にわからなければ「未接種」に分類していたのです。
メチャクチャおかしいっしょ。

つまり、コロナ陽性の大半が「未接種」に分類されて統計がとられていたということ。
実はいつ接種したか覚えていない人が結構多いです。
日にちは難しいとしても、何月に接種したかすらはっきり覚えていない人が結構います。
そんな人たちはコロナ感染したらみんな「未接種者」として統計がとられていたのです。

そりゃ、未接種者がコロナ陽性になりやすいというデータが出るわな。
という話。

ワクチン2回も3回も打っているのに、いつ打ったか覚えていなければ「未接種者」扱い。

これを「捏造」といいます。

捏造:ありもしないことを、事実であるかのようにつくりあげること。 根も葉もない事をこしらえていうこと。 でっちあげ。
実際になかったことを故意に事実のように仕立て上げること。

そして、これを名古屋大学の小島勢二名誉教授に指摘され、厚労省はこっそりとデータを修正したとのこと。
こっそりとです。

厚労省のコメント
「未接種に分類していた理由は不明だが意図的なものではない。」

思わず鼻で笑っちゃいました。

意図的じゃなくてなんなんでしょう。
小学生ですらしっかりと分類できると思いますよ。
ましてや、ワクチン接種者を「未接種」扱いにするなんてことは絶対にしません。
いやいや、幼稚園の子だって分類できますよ。
てか、幼稚園の子に失礼だわ。

こんな言い訳が通用すると思っているのだろうか。
通用すると思っているからこんなコメント出すんでしょうけど。
逆によくこんなコメントが思いつくなとすら思います。
国民は相当バカにされていますよ。

ね?官僚って絶対に間違いを認めないし、謝罪はしません。

こんな明らかな捏造問題でも。

というか、今回の件は「間違い」というより明らかに「意図的」だと思いますけどね。
どう考えても。
ワクチン効果をはっきり見やすく提示するために作り上げた「架空のグラフ」です。
ワクチンの効果を架空のグラフで作り上げたとでも言えましょうか。

ワクチンをなんとしてでも在庫処分しなきゃならないから、接種の足を引っぱるようなデータは出せません。
ウソでもなんでもいいからワクチンの効果を宣伝し、接種推進に動いた人が評価され出世していく世界です。
国として接種を推進しなければ、政治家はグローバル企業様、ビッグファーマ様に評価されません。
政治家は国民なんかみてませんよ。

グローバル企業はほとんどがアメリカ企業ですけど、国民のことばかり見ていて、アメリカ様に逆らうと、言われもない罪やスキャンダルで失脚させられます
これまでもそんな政治家いっぱいいましたよね。

そうそう、とある本にこんなことが書かれていました。

「検察は反米政治家を取り締まるための組織だ。
だから安倍晋三は、桜を見る会疑獄でも絶対に逮捕されない。」
って。なるほどです。

その本はこれです。

この本おすすめです。
秋嶋亮さん(以前は響堂雪乃というペンネームで本を出していました)の本はどれもおもしろいです。
おもしろいというか本質を突いているというか。
本質=今の日本で起きていることのほんとのこと、です。
秋嶋亮(響堂雪乃)さんの本はどれも特徴的な絵の表紙の本になっています。

ちなみに上記の本の283ページ、今の日本で実際に起きていること、これから起きつつあることが箇条書きにズラーッと書かれています。
これ読むと絶望しかなくなるかもですけどね。
怖いもの見たさで真実を知りたい人はぜひ読んでみてください。

話は戻りますが、厚労省のデータ捏造問題、
この顛末については以下の記事に詳しく書かれています。

新型コロナワクチン打っても“未接種扱い”にしていた…厚労省「理由は不明だが意図的なものではない」

森田洋之先生も、グラフ付きでわかりやすくブログで解説しています。

厚労省が公式データ修正→「ワクチン有効」は嘘でした…の衝撃。

そうそう、これからワクチン副作用・後遺症で裁判を考えている人、今回のネタも使えるかもしれませんね。
厚労省が以前出したグラフをみて、ワクチン効果を信じたから接種したってね。
あの「事実ではないグラフ」で騙されて接種してしまったんですから。

最後にとっておきのおもしろい話題を。
これまでエライ人や大企業の通訳・翻訳などをされていたという、素晴らしい経歴のお持ちの方から教えていただきました。
この方、イギリスのコロナ情報も英語で独自で情報収集されています。
そこら辺のなんも考えていない「医者」よりも断然事実をご存じの方です。

そう、「医者」にまつわることです。
「医者」のことを英語では「doctor」といいますが、
なんと「doctor」には「改ざんする」という意味があるとのこと。
具体的には「(文書等を)不正に改竄する」という意味らしいです。

めちゃくちゃビックリしました。
椅子から転げ落ちそうになるほどの衝撃でした。落ちませんけどね。
そしてなんだかわらかないけど、一応doctorである自分は「ち~ん」みたいな感じに…。

というか、すごく的をついていてビックリです。
英語スゲェ。

医者なんて嘘つきばっかりですよ。
いいウソも悪いウソもありますけど。

でも、「改ざん」って…。
とっても悪い響きです。

しかもこの動詞の「改ざんする」という意味での「doctor」は、『通常「悪意」ある行動を指します』とのこと。

詳しくは以下のリンクを。
doctor の動詞の意味、知っていますか?

doctorがカルテをdoctorした。=医者がカルテを改ざんした。

みたいな感じになるのかな。

なんだかdoctor、スゲェ悪い奴にみえてきた。

今回の厚労省の捏造といい、doctorの「改ざんする」という意味といい、なんだかどうしようもないね。
人の健康を扱っていて良いのだろうか?
というか、こういうところに自分の健康を預けていいのでしょうか?
よぉく考えた方が良いですね。
真実はここにはなさそうな気がする。

自分はなるべくdoctorしないようなdoctorを目指しますね。
(なるべく、じゃないね。絶対にです。)