在庫処分大作戦

モデルナワクチンが不人気ということもあり、ワクチン廃棄のニュースがちょいちょい出ていますね。
例えばこんな。

【新型コロナ】横浜市、モデルナ製4万3千回分廃棄 若年層の3回目接種伸び悩み 有効期限切れ

そこで最近、「在庫処分大作戦」と思われる気持ち悪いニュースが増えています。

接種率を上げたい!鳥取県の「ワクチンバス」派遣スタート(鳥取市)

“バス”で“ワクチン接種”『ワクチンバス』運航へ 『投票所』や『ショッピングモール』で接種可能に

またもや新しい言葉が出てきました。
「ワクチンバス」

今年の流行語になるでしょうかね。

次はこれ。

〈新型コロナ〉“万代シテイ”にワクチン加速化センター 「仕事帰りや買い物ついでに」【新潟】

ワクチン加速化センターって…。

聞くだけで吐き気を催してきます。

次は学生を狙った作戦。
接種率4割の若者に新型コロナワクチンを~大学に「集団接種チーム」派遣

「20代のワクチン接種率が4割に満たない状況です」って、学生たちが自分で判断しているんだからそれでいいっしょ。
任意なんだから。

あの手この手で在庫処分市をやっておりますが、本当に見苦しいです。

4月下旬、大阪の大規模接種センターの実態を報道したニュースがありました。

1人あたり2600万円!大阪コロナ大規模医療・療養センター“78億円かけて利用者わずか290人“のお粗末な実態

78億円もかけて設置された大規模医療・療養センター。
2022年1月末から運営されてきて、4月末までに利用者はたったの290人。
一人あたり2,600万円のコストということです。
これって行政の責任問題になると思うんですけどね。

結局こういうのは誰かが甘い汁を吸っていたのでしょう。
以前にもワクチン接種に関して、維新に寄付をしていた医者が優遇されてワクチンを大量に回してもらっていたことも報じられていました。

大規模医療・療養センターで働いていた医療職の人もきっとそれなりの給料で雇われていたはずです。
ひまひまで高給を稼げるなんてうらやましいですね。
お天道様はみてますよ。

って、そんなニュースが報じられているにもかかわらず、また大阪のニュースです。

初日はガラガラ…4回目ワクチンの大規模接種会場『750人の枠にわずか6人』大阪府

1日最大1500人程度の接種ができる会場を設置したとのこと。
初日とりあえず750人の枠を設けたのに、やってきたのはたったの6人。

いい加減学ばないのでしょうか?

普通の企業ならとっくに潰れています。
こんな杜撰な計画でもやっていけるなんて本当うらやましい。

メタトロンやったら、今の自分の感情、「妬み」が一番に出てくると思う。

さて、ワクチンバスやら加速化センターやら「集団接種チーム」派遣やら、こんなニュース見てさすがにおかしいと思いますよね。
いまだかつてこんなワクチン政策なんてありませんでした。
いま、そこまで新型コロナが命を取られるほど脅威的でしょうか??

今や亡くなる人や重症化する人がほとんどいないから、「新型コロナ後遺症」で恐怖をあおってワクチン接種を勧めてますけど

ワクチンに対して疑問を持ってこなかった方も、これらのニュースを見て何も感じないでしょうか?

厚労省の捏造問題があったり、これまで何度も紹介している浜松市のデータをみても、もはや現在のワクチンに意味がないことは自明です。
というか、副作用が多すぎるだけにリスクだけしょうことになりかねません

それでもワクチンを信じている人へ。
打つのはかまいませんが、こんなニュースが出ています。

米モデルナ、改良ワクチンがオミクロン派生型2種にも強い免疫反応

「オミクロン変異株のすべてに対して持続する予防効果」を生む可能性があるらしいです。

大体、mRNAワクチンのメリットは変異株が出てきても数週間で対応するワクチンを製造できるのがメリットって言われていました。
それなのに、今の今まで出てこなかったのがおかしい
ワクチン推進派の専門家の人、そこんとこ説明できるんですかね?

まぁそこは置いといて、じゃあ今バリバリ接種を推奨している3回目、4回目のワクチンはなんなの?ってことです。

効果が長続きしないことはワクチン推しの人でさえ認めているところです。
そしてデータからは効果さえほとんどない。

つまり、
・ワクチンバス
・加速化センター
・「集団接種チーム」派遣
はすべて在庫処分大作戦でしかない
断言してもいいくらいです。

自治体で行われている大規模接種センターなんぞ、利権がらみで会場が設置され、税金の無駄遣いをしているだけでしかない。

さてさて話は変わりますが、東京にCDCの支店が設置されるなど不穏な動きがあり、ワクチン義務化に不安を感じている方もいるかと思います。
義務化に関して、ヨーロッパでのこんなニュースがありました。

オーストリア、成人のワクチン義務廃止 「接種促進にならず」

オーストリアで、成人に対する新型コロナウイルスワクチン接種義務を廃止することにしたそうです。

こんなニュース見て希望を持てるかなと思うのですが、世間と逆行するのが日本ですからね…。

ちなみにこんな本があります。

以前、ブログでイギリスはワクチン接種証明なくても入国できることをちょろっと書きましたが、この本には入国規制一切無しで行ける国々が紹介されています
ワクチン接種証明、PCR検査、抗原検査、追跡アプリなど一切しなくてよい国です。
つまり通常通りの状況に戻った完全規制撤廃国というのが紹介されている。

それが、結構たくさんあるんですよ。
特にヨーロッパはたくさんあります。

最新情報はこちらのサイトで確認できます。

https://www.turkishairlines.com/ja-jp/announcements/coronavirus-outbreak/travel-restrictions/index.html

地図の上に「ワクチンの接種は完了していますか?」って質問のところがあるので、そこを「いいえ」にしてみると、地図で表示されます。
そしてそれぞれの国にカーソルをあてると、情報がさらに出てきます。
地図上で国をクリックすればさらに詳しい情報が表示されます。
必要な書類等もここで得られるようになっている。
わかりやすくて役に立って、とても素晴らしいサイトです。

このサイト、Turkish Airlinesというトルコの航空会社のホームページです。
日本国、もっとがんばれよ。

まぁ、今後の動向によっては、海外移住も検討しても良いかもしれませんね。
自分にはいまのとこ度胸がないけど。
一応の知識を軽く入れておくためには、上記の本はおすすめかもしれません。
本が薄っぺらい割には値段が少し高めな気がしますけど…。