北海道における地震について(北海道胆振東部地震)

9月6日、震度7を記録した地震が発生しました。
札幌市でも地域によっては震度6弱を記録したようです。

そして、全道停電(ブラックアウト)という、不気味な事態に陥りました。

信号も全て止まっているとのことで、当日は早めに自宅を出発しクリニックに向かいました。
使えそうなものを調達しようと、途中のコンビニに立ち寄りましたが、既に長い行列ができていました。
まず従業員の安全を確認し、どうするか話し合いました。
パソコンは使えないですし、薬局さんも休業とのことです。
街中は信号が機能していないため、訪問診療で車で回るにはとても危険ですし、渋滞の予測もつきません。
まずは連絡のつく患者さんに連絡し、問題がないことを確認して、当日の訪問診療はキャンセルしました。
この時は固定電話は不通でしたが、まだ携帯もつながっていました。
そして、従業員も家族がいますので、自宅・家族の安全確認のため、一旦帰宅させることとしました。
状況がだんだんはっきりしてきたところで、午後から当日訪問診療予定だった所(連絡がつかなかった所)へ、看護師さんと手分けをして顔を出しに行きました(特別問題なければ診察はなしで状況確認だけ)。
9月6日夕方くらいから、札幌市内でも所々で電力が復旧し始めました。
しかし大部分はまだ停電のままです。
当日夜は、往診に使う車の給油に向かいました(約2時間待ち)。
交差点では警察官の方が一生懸命交通整理されてました。

停電が起きた都市というものはものすごく不気味で恐いです。
住宅街では、きっと人は家の中にいるのでしょうが、まったく人の気配がありません。
音も聞こえません。救急車や消防車の音が遠くに聞こえるだけです。
札幌市内では強盗事件も発生したようです。
クリニックのセキュリティシステムも作動しないため、貴重品は全て持ち帰りました。

翌9月7日の朝にはクリニックの電気は復旧しました。
そのため、ほぼ通常通りの予定で訪問診療をまわりました。
しかし、街中は信号が消えている所はまだまだ多くあり、ガソリン給油のための渋滞もあちらこちらでありました。
停電している区域は、夕方~夜になると本当にゴーストタウンさながらでした。
札幌市内も道路がやられている地域があり、迂回しなければならないところもありました。

9月7日夜頃からは停電から復旧した箇所が増えてきた様子でした。

これまでにない停電を経験して、備えておくべきものとして
1,懐中電灯
備えておくことは当たり前ですが、多めに用意しておくと良いです。
自分は周りからバカにされるほど持っていたのですが、結果的に今回これが大活躍しました。
キャンプで使うようなランタンもあると良いです。

2.コンバータ
車のある方はシガーソケットから家庭用電源に切り替えられるコンバータを用意しておくと良いです。
自分は、訪問診療で使うノートパソコンを車内で充電するために用意してありました。
いろいろなものが充電できます。

3.車の燃料をなるべく常に満タンにしておく
満タンとまではいかないまでも、最低限常に半分以上は入れておくようにしておくと安心です。
移動だけではなく、携帯を充電するため、テレビを見て情報収集するためにも車が活躍します。
今回、自宅のテレビは当然見れませんでしたし、スマホも当日午後くらいからつながりにくくなり情報が入ってきませんでした。

4.お菓子やカップラーメンなど
どちらも栄養療法的には良くないものですが、自宅にもクリニックにも置いています。缶詰など何でも良いので保存しておくべきでしょう。
今回スーパーの食糧が全くなくなるという自体にはなっていませんでしたが、
長時間並ぶことにより体力が消耗します。

5.ラジオ
できれば手回しで充電できるラジオが良いです。
テレビも見れない、スマホもリアルタイムな情報が見れないとなれば、やはりラジオです。
車がない方はラジオが必需品になります。

車がある方も、マンション住まいの方は要注意です。
立体駐車場や、防犯のためのシャッターがあるようなマンションだともちろん車は出せません。
まったく使い物にならなくなります。

土曜日、日曜日とクリニックに用事があったので街中を車で走ってきましたが、
少しずつ日常を取り戻している様子です。
ガソリンスタンドの渋滞もほぼ解消されているようです(通常営業とまではいかないようですが)。
ガソリンスタンドにはタンクローリーが、コンビニにも配送のトラックが来ていました。
スーパーでも一部の食材を除いて、ある程度そろっているようです。
しかしびっくりしたのが、パン屋さんに大行列ができていたことです。
スーパーでも既に行列はなくなってきているのに、パン屋さんには100人以上の行列ができていました。
これがパンに対する中毒、小麦(グルテン)中毒なのかなぁと思いました…。

PTSDとは違いますが、夜寝る前とか、真っ暗闇になると、何か不安な気持ちがわいてきます。
そこまで繊細な心ではないと思っていたのですが…。

道内では多くの方が亡くなられました。
心からお悔やみ申し上げます。

亡くなられた方の命を無駄にしないよう、今後の災害対策についてしっかりと考えていくべきです。

今回、点滴療法研究会や統合医療学会、その他多くの先生方、同級生、以前の同僚の方(先輩ナース)などから心配の言葉をかけていただきました。
この場を借りて御礼を申し上げます。