WHOへの拠出金

先日、とある方から日本からWHOへさらに46億円も拠出されたと聞きました。

あのテドロス事務局長が突然、
「安倍(晋三)首相自ら先頭に立った、政府一丸となった取り組み」と称賛しましたが、こういう理由だったのですね。

で、詳しく調べていくと、すでに2月には約10億円を拠出しています。
しかし一方では他のニュースでは3月に、日本は新たに166億~170億円を拠出したとでています。
一番最新のニュースで166~170億と報道されているので、これが新たに拠出された正確な数字でしょう。

このニュース、まったくマスコミには出てきませんよね。
裏ではこれだけのお金が、新型コロナ対策として外に出て行っているのです。
一体この日本でどこにそんなお金があったんだか…。

中小企業やフリーランスの方、学校の休校で影響を受けた方もたくさんいます。
本来なら国民の救済に回すべきではないでしょうか??

2月から始まったマスク不足もいまだにいっこうに手に入りません。
すでに1ヶ月半もたつのにですよ?
国が何億も支援するといっていたそのお金はどこへ消えてしまったのか?
中国のお店では、日本語が書かれたマスクがたくさん売っているようです。
つまり日本企業が発注したマスクが、日本に入ってこないで中国で売られているのです。

マスクは単価が安いですから新たに作ろうとする企業は現れるはずがありません。
工場など設備投資だけでも莫大ですし、新型コロナが収束してしまったらマスクも売れなくなります。
いっそのこと国営で工場を1個作ってしまえばいいのにと思ってしまいます。
いろんなところにお金をばらまくのであれば。
支持率も上がりそうですけどね。

世界では株価が大暴落しています。
日本も暴落していますが、日銀がなんとか買い支えている状況です。
買い支えるというけど、そのお金も一体どこから出ているんだか…。
われらの年金も利用されています。
今現在の株価だと、すでに何十兆円という規模で納めた年金が消えてしまっています。

なんだかパチンコで負けているのに、次こそ勝てると思ってさらにお金をつぎ込む
ギャンブル依存症の人みたいですね。
国民が納めた大事なお金を、こんなギャンブルにつぎ込まないで欲しいものです。
もともと素人が運用しているのですから最初っから期待ができるはずがないのですが。

株や金融、経済に詳しいわけではありませんが、今の日本の株価は明らかに偽りの株価です。
負け続けて、次は勝てると思ってつぎ込むお金がなくなる日が来るのは目に見えています。
そうなったらどうなるか。
ひょっとしたら国民の預金が狙われるかもしれません。
日本では戦後に実際にあったことですから。
ちなみに中国では4大都市の2つの都市で、すでにいつでも預金封鎖ができるような体制になっているそうです。

話は変わりますが、沖縄では当初1~2名の感染者は出ましたがすぐに回復し、その後は検査をしても検査をしても陽性患者は出てきません。
そして韓国メディアの分析だと、「新型肺炎流行の上位17カ国は寒い国」と報じています。
紫外線にしっかりと当たることで皮膚でビタミンD補給ができる、寒い国ではそれが期待できないということです。
でも「暖かい国でも感染者がいるじゃん」と思うでしょう。
実は肌が黒すぎたりすると、逆に紫外線をブロックしてしまうのでビタミンDが肌であまり作れなくなってしまうのです。
紫外線をブロックするために肌が黒くなっているのですから。

完全に防げるわけではないですが、やっぱりビタミンDにはある程度の抑止力はあるように思うのですが。
簡単に副作用が出るわけではありませんし、ビタミンDを摂取しておいて損はありません。
みんなビタミンD補給をしたら、新型コロナもかなり制圧できそうなのですが…。