新型コロナあれこれ

連日コロナ感染者が増えています。
東京では連日記録を更新しています。
そしてマスコミの恐怖を煽るような報道には変化がみられません。

新型コロナはよくわかっていないから怖いんだ、薬やワクチンがないから怖いんだと言われています。

さて、よくインフルエンザと比較される新型コロナですが、
インフルエンザの10倍の死亡率だという話もありました。
しかし、実際の感染者数が把握できていないのですから、本当の致死率なんてわかりません。
日本なんかでは特にです。
これまで不自然に検査数が抑えられてきた訳ですから。
そして無症状の感染者も多数いるはずです。
これらすべての感染者を把握することは困難であり、本当の致死率なんて出せるわけがありません。

で、インフルエンザについて、厚労省のホームページには、
「例年の感染者数は約1000万人」← 日本だけでです
「死亡数は214(2001年)~1818(2005年)人」
「直接的及び間接的にインフルエンザの流行によって生じた死亡を推計する超過死亡概念というものがあり、この推計によりインフルエンザによる年間死亡者数は、世界で約25~50万人日本で約1万人
とあります。
ちなみに最近では、
2016年1463人、2017年2569人、2018年3325人がインフルエンザで亡くなっています。
(これはインフルエンザが直接的な死因としてカウントされているものです)
2019年1月だけでも1685人。1ヶ月でですよ?
1日に50人以上が亡くなっていたのです。
新型コロナでこんなことになっていたら大問題です。
全都市封鎖間違いなしですね。

「治療薬やワクチンがある」インフルエンザにおいてこのありさまです。
国民皆保険で、ほとんどの人が平等に医療が受けられる日本においてこれだけ亡くなっているのです。
重症化を防ぐと宣伝されているインフルワクチンがあるにもかかわらず、毎年これだけの犠牲者が出ており、しかも毎年毎年死亡者は増えています。

アメリカでは
「米国ではインフルエンザが原因で毎年少なくとも1万2000人以上が死亡。とりわけ感染が深刻だった17~18年のシーズンには患者数は4500万人に上り、6万1000人が死亡した」(産経新聞、2020年2月8日)
という事実があります。

これってどうみても新型コロナ以上ではないでしょうか?
なぜインフルエンザでは大きく問題にもされず、外出規制もおこなわれずなのでしょう。

マスコミの報道はあまりにも不自然に恐怖を煽りすぎています。
世界中の国の対応も不自然に感じてしまいます。

今日のニュースでは、東京では警察官が警棒を持って夜間パトロールをしているとのことでした。
そして外出している人に声をかけてまわっているとか。
警棒を持つ意味がわかりません。
ただただ恐怖を与えているだけです。
そのうち最終的には自衛隊が出てくるんじゃないかと邪推してしまいます。

今世界で起きていることは、必要以上に恐怖を与えていることのように感じます。
何かを意図して国民を恐怖でパニックに陥らせている。
そんな風に感じます。

ちなみにPCR検査は、本当の陽性者を陰性と判断してしまう率も高いですし、
インフルエンザやただの風邪のような他のウイルスのときでも陽性になってしまうことがわかっています。
つまり「コロナ陽性」とレッテルを貼られ隔離されている人の中には、ただの風邪の人もいるかもしれないのです。
連日PCR、PCRと大騒ぎしているのをみているとなんだか茶番のように感じます。

ただ、PCRの一件では国や自治体の体制というか考え方がはっきりしました。
オリンピック中止後に感染者報告が急激に増えたりとか。
たまたまかもしれませんが、国民のほとんどは疑っています。
そういう国のずるさがはっきりしましたね。
そして、2020年2月1日から3月30日における「帰国者・接触者相談センターの相談件数等」という統計データがあります。
各都道府県における相談件数とPCR検査数がわかります。

ちなみに第一位は茨城県で、相談数379件に対しPCR検査実施数は363件で95.7%の実施率でした。
これはダントツです。
で、東京は相談件数38629件に対しPCR検査数は859件で、たったの2.2%の実施率。
そして衝撃的なのは北海道です。
北海道は相談件数18544件に対しPCR検査は349件。衝撃の1.8%で東京より低かったのです。
確かにこれだけ多くの相談件数だと今の日本の体制だとすべて検査することはできないかもしれません。
しかし国は1日3000人可能だとか言っていたにもかかわらず、結局蓋を開けてみれば全然やってきませんでした。

北海道はいち早く緊急事態宣言を出し、流行しなかった、対策がうまくいったとかもてはやされていますが、検査していないのですから流行が収束したようにみえて当然です。
見かけ上はうまくいっているようにみえます。

北海道の土地は中国人がいっぱい買っています。
2月でさえ中国から日本には8万7千人が入国していました。
雪まつりも予定通り開催され、こんなにもうまく早く収束するわけがありません。

対策がうまくいったかどうかなんて、どうでもできるものです。
数字はいくらでもコントロールできます。
マスコミも自治体もウソだらけすぎてどうにもなりません。
うまく使える情報だけを見極め取り入れていく力が必要です。

最後に、アイルランドではビタミンDが新型コロナなどの感染症に有効であるとして
日光浴をいっぱいしましょうと政府が推奨しています。
スペインでは、新型コロナの治療にビタミンDを使う臨床試験が始まりました。

先日のニュースでは、新型コロナにおいて黒人の死亡率が高いと報道されていました。
生活水準の問題や医療の問題もあるかもしれませんが、黒人の方は元々ビタミンDが低いことがわかっています。
強い紫外線から体を守るために皮膚が黒くなっているのですから。
紫外線をブロックしたらビタミンDは作れません。

これまで重症化する人は高齢者、黒人、高緯度地方の寒い国などがわかっています。
どれもビタミンDと関係するんですよね…。
高齢者は皮膚の機能が衰えて、ビタミンD合成能も落ちてきていますから。

そして高齢者といえば薬を飲んでいる人も多い。
特に今回は血圧の薬との関係を指摘している人もいます。
安易に処方され内服している人が本当に多い。
高齢者における降圧薬内服率は相当なものです。
日本でも50代の方などで犠牲者が出てしまっていますが、ちょうど降圧薬を処方される年頃かもしれません。

千歳のグループホームで、1階の入居者が全員感染するというケースがありましたが
グループホームなんかでは特に外に出る機会はほとんどなく、サプリを飲んでいない限り全員ビタミンD欠乏になっていると言えます。
ほぼ確実に。
1000円賭けてもいいです。

若年者でも、外出する機会が少ない人、日焼け止めを多用する人などは特に要注意です。

重症化例、あるいは死亡例の内服歴、既往歴など詳細がわかれば何がリスクになるかはっきりするのですが、そういうデータが出てくることもないですし、解析すらされることもありません。
いや、どこかの機関はその情報を調べて解析しているのかもしれませんが…。
簡単にできることですからね。

ただ、「このタイプの血圧の薬を飲んでいる人に有意に重症化例が多かった、死亡例が多かった」
ということが判明しても、製薬会社に忖度して決して公表されることはないでしょう。

情報といえば、ビタミンD濃度と重症化の関係なんてすぐにデータは集められるはずです。
採血1本でわかることですから。
でもこれも、ビタミンDの有効性がはっきりしたとしても公表されることはないでしょう。
新型コロナの薬や、ワクチンで儲けようとしている製薬会社の邪魔になりますから。
ウソだろと思うかもしれませんが、残念ながら実態はこんなものです。
すでにワクチン開発も始まってしまっていますし、ワクチンが必要ないとなったら大損害ですからね。

以前にも書きましたが、ウイルスはとても賢いものです。
人間が太刀打ちできるものではありません。
新型コロナは約15日で変異するとか言われていますし、すでに40種以上の変異株があるといわれています。
何度も繰り返しますが、新型コロナに有効なワクチンはできっこありません。
ただ人工ウイルスだったら、効果のあるワクチンもセットで開発していた可能性はありますが…。

今後中途半端な治療薬とかワクチンのせいで、耐性ウイルスに変異したりするのが怖いです。
どんどんたちの悪いウイルスに変異していく可能性は十分あります。
インフルエンザですら年々死亡者は増加していたのですから。

マスコミでは喫煙者が特に要注意などと報道されています。
しかし実際は、感染に関しては喫煙者の方が低かったというデータもでているのです。
禁煙運動真っ盛りの日本において、こんな不都合な情報は決してマスコミで流せませんよね。

何が本当かなんてわかりません。
ただ何も考えていないと、マスコミが誘導したい方向に流されてしまいます。
特に日本のマスコミは、言葉は悪いですが魂が抜けた状態です。
残念ながら権力への忖度ばかりで、真実を追究するという姿勢は消えてしまいました。
○カの一つ覚えのように、連日速報速報と報道するテレビ。
注意喚起のため?
ならばなぜインフルエンザでは問題にしなかったのか?
国もインフルエンザ対策で、今回の新型コロナの時と同じように対策をとっていれば、毎年何千人と亡くなっていた命を助けられていたかもしれないのに。
あまりにもおかしすぎます。