管理社会へ?

国では緊急事態宣言が出され、対象地域ではない自治も独自に緊急事態宣言を出しています。
札幌もまたもや学校は休校となりました。
連日2桁の感染者を確認しているのも理由かと思われますが、ただその大半は病院での集団感染だったりします。
まったく関係ない人で多数発見されるのであればびびりますが、実質は一桁といってもいいのではないでしょうか?
とはいいつつも、実際の検査数が少ないですからなんとも言えませんが。
ただこの感染者の人数を元に休校を判断したのだとしたら不自然に感じます。

前々回のブログで「ショックドクトリン=惨事便乗型資本主義」という言葉を紹介しました。
不安や恐怖にさらされ続けると、人は誰かに管理されたがる傾向にある。
そこをついて、一気に社会システムなどを変えていきます。

今の日本がそんな風に感じるのです。

「名古屋飛ばし」という言葉が話題になったように、愛知県が緊急事態宣言の地域に指定されませんでした。
そして愛知県は指定してくれと国に掛け合っていました。
ニュースなどのコメントを見ても、「早く緊急事態宣言を出して欲しい」みたいなコメントが多数ありました。
なぜにみんなそんなに緊急事態宣言を出して欲しいのか、何か腑に落ちない感じがありました。

緊急事態宣言によりしっかりと休業補償をしてくれるというのであればわかります。
東京都ではいくらかの補償はあるようですが、他の自治体では今のところありません。
結局は緊急事態宣言を出して、休業要請をしても国や自治体は何も補償してくれないのです。
休んだところでただ収入が減るだけ。国からしてみれば勝手に協力してくれただけでしょというスタンスです。
開店していれば周囲から変な目で見られる。
本当に国がやっていることはズルい。
なのになぜ緊急事態宣言を出して欲しいのか?

「緊急事態宣言」という言葉によって気持ちが引き締まるという効果は確かにあるでしょう。
あとは、国が土地の強制使用することとか、医療用品の保管命令であるとかイベント中止の要請や指示など。
国に権力をより持たせるだけなのです。

なのになぜみんな緊急事態宣言をそんなに心待ちにしているのか?
本当に不思議です。
感染拡大がとまるから?
でも、東京ではほとんどの人は普通に出勤しています。毎朝の通勤状況はほとんど変わっていないようです。
はては、都市封鎖を希望している人々もいるくらいです。
諸外国の状況を見て、本当にそれでうまくいっているでしょうか?

感染拡大防止のために緊急事態宣言を出して欲しいのであれば、各自が自覚を持って行動すればいい話です。
国に余計な権力を持たせる必要はないのです。
何も補償してくれないのだから。
確かに各自が自覚を持ってと言っても、そんなことを気にしない輩も多数いるのは事実です。
国に出してもらうのではなく、各自治体ごとにその長が緊急事態宣言を出せばいいだけの話です。

3月31日に、国は携帯会社やグーグル、ヤフーなどにデータ提供を求めるというニュースがありました。
ニュースによると、
〝位置情報や「発熱」「症状」といった言葉の検索履歴からクラスター(感染者集団)の発生を突き止める考えだ。「感染拡大防止策のより効果的な実施が可能となる」と強調した。〟
とあります。
もっともな理由を述べて(もっともでもありませんが…)、位置情報まで調べるというのです。
個人のプライバシーもあったものではありません。
非常に怖いことです。
「提供するデータの範囲や利用目的を明確にしておく」と言っているようですが、
実際は裏ではいかようにもできますからね。

毎日「発熱」「発熱」と検索していたら、国に位置情報を把握され、突然知らないところから連絡が来る…
のかもしれません。

みなさんドコモやau、ソフトバンクから連絡が来ました?
国から要請があったので、データを提供する場合もあるかもしれないということを。

皆さんの知らないところで管理・監視体制が強化されているのです。

世界中で感染者の把握という大義名分の元、管理・監視システムが強化されています。

連日の新聞テレビの報道に影響され恐怖に陥り、思考停止になってはいけません。