新型コロナ予報

今後の新型コロナがどうなっていくか、自分勝手な予想をしたいと思います。
学術的な根拠などまったくありません。
少しばかり医療を経験したものとしての勝手な予想です。

すでに全国的に感染者報告が激減しているように、これから夏にかけてはかなり勢力を弱めるでしょう。
(なんだか台風の天気予報のようですが…)

これは、気温、湿度、紫外線量(=ビタミンD生成)と関係していると思われます。
インフルエンザや風邪ウイルス(普通のコロナウイルスを含む)と同じです。
新型コロナが人工ウイルスでなければの話ですが。

それにしても、緊急事態宣言解除予定が近づくにつれて本当にタイミング良く感染者報告数が激減しましたね。
あたかもオリンピック延期が決まった後に感染者報告数が激増したのと逆バージョンのようです。
あらかじめ決められたストーリーのようです。
予断でした。

ただ経済活動も再開しなければなりません。
すでに経済界は大打撃を受け、大恐慌以上の恐慌がくるともいわれています。
経団連などからの強いプッシュもあったのでしょう。
慎重にいくべきですが、いち早く経済活動を再開しろという強い圧力もあったはずです。
しかし「3密」を避けるという風潮は変わらないでしょうし、これまでと同じ社会活動には戻りにくいと思います。

そして、これまで陰性になった人が再陽性になる例が多数認められているように、
新たに感染したのかもしれませんし、体内にウイルスが潜んでいる可能性もあります。

つまり冬になるとまた新型コロナが勢いを増してくるはずです。

夏、いったん落ち着いたかのように見えれば、誰でも気が緩んでしまいます。
そこでまた新型コロナが目立つようになってくるでしょう。

ところで新型コロナが勢いを増してきたところで、インフルエンザはすっかりと鳴りを潜めてしまいました。
冬の主役を奪われたかのようです。
このまま、冬の代名詞は新型コロナになるのかもしれません。
しかしそうそうインフルエンザも黙っているでしょうか?
これまで主役を続けてきたインフルエンザだって、また王座を奪還したいと思うはずです。
人にいっぱい感染して、自分自身を増やしたいと思うでしょう。
絶滅させるわけにはいかないと考えるはずです。
つまり新型コロナ以上のインフルエンザが出てくるかもしれません。
そのときは「インフルエンザ」という名前なのかわかりませんが、これまでのインフルエンザウイルスの親戚として出てくるかもしれません。
まぁ、そもそもあまり報道されてきませんでしたが、これまでのインフルエンザの死亡者数もかなりのもので、新型コロナ以上ともいえるくらいでしたが…。日本では1日にインフルエンザで50人以上亡くなっていた計算になっていましたからね。

インフルエンザが目立たなくなったのは、みんなが手洗い、マスク、3密を防いだなどの行動、衛生面の改善によってという見方もできますが、自分は「新型コロナがインフルエンザ流行を防いでいた。新型コロナがインフルエンザ感染をブロックしていた。」という可能性も考えています。

ただ今後「新型コロナ以上に目立つウイルス」というものが出てくるかもしれません。

しかし一方で、新型コロナの最新の情報だとすでに200種近くの変異株が認められています。
これらが今後どんな動きをするか予測がつきません。
ここからさらに発展したものができるかもしれませんし、あるいは同じエンベロープウイルスであるインフルエンザウイルスと結託して新しいタイプのものができるかもしれません。

怖い予想ばかり書いてしまっていますが、ウイルスは人間よりも強いものであることは事実です。

いま専門科は「ワクチンや特効薬が早くできることを期待している」とかコメントしていますが、本当に専門科?と思ってしまいます。
変な期待は持たせない方が良いです。

これまでにもブログに書いてきましたが、本当に効くワクチンなんてできっこありません
何度も言うように本当に開発できたらノーベル賞ものです。
「人工ウイルス+もともとワクチン・特効薬を開発していた」というマッチポンプのストーリーでない限りは。
コロナウイルスに対するワクチンや特効薬が開発されるということは、「風邪」のワクチンや特効薬ができるということです。
つまり人類がこれまで克服できなかった「風邪」に勝つということです。
ノーベル賞確定です。

できるとしても、今のインフルエンザワクチン程度のものでしょう。
自分は今のインフルエンザワクチンにはそもそもそれほど効果があるとは思っていませんが…。
それに新型コロナは新型というだけあってインフルエンザほど歴史もありませんから、何百種類にも変異しているどの株がその年に流行するかなんて予想もつきません。
あまり大きな声では言えませんが、専門科がよくもまぁ「ワクチンが早期に開発されることを期待している」なんて言えたものです。と密かに思っています。

新型コロナはACE2受容体を介して侵入すると解明されていますが、インフルエンザウイルスなど今までの他のウイルスってそんな風に具体的にどこどこの受容体を介して侵入するってわかっていましたっけ?
そこからして今回のウイルスは自分には不自然さを感じてしまうのですが…。
そして抗体を持っている人をくまなく調べれば、本当の致死率というものがわかってきます。
実際には致死率はそれほどでもなく、インフルエンザと同等かそれ以下の可能性もあります。

今回の新型コロナではっきりしているのは、ビタミンD欠乏の人は死亡率が高いということです。
たくさんの国でそのような結果が出ています。
そして一部の降圧薬、糖尿病薬を飲んでいる人はACE2受容体が増えてしまって感染リスクが高まる可能性があります。

つまり高齢者は血圧の薬、糖尿病の薬を飲んでいる率が高いですし、皮膚機能が落ちていてビタミンD生成能も落ちています。
高齢者が重症化しやすいというのは当然なのです。

つまりこれらの原因を取り除く、改善することができれば、高齢者の人にとってもひょっとしたらそれほど怖いものではないのかもしれません。
血栓対策については以前のブログを参考にしてください。

今回のブログでは「新型コロナ=怖いもの」として書いてきましたが、ポイントを抑えればそれほど怖いものではない。
そう感じているのが正直なところです。

隔離、隔離だけだったら、確実にどんどん体は弱ります。
自分は診察に伺ったときは、立場上「いっぱい外を出歩け」なんて言えません。
だから、「1日5分でも10分でも、ベランダや庭に出て直射日光を浴びるようにしてください」と伝えるようにしています。

ただ、施設に入居している人は本当に太陽に当たれません。
介護施設で大流行するのはそんなところにも大きな理由があるように思います。

先日のブログでも、日本の絶望感しかない宿命みたいなことを書きました。
制度の大きな流れというものには逆らえません。
支配者層だかなんだかわかりませんが、世界は巨大な力によって動かされています。
こういうときは、大きな目で見るのではなく、もっと小さな目で見ていくしかないのかもしれません。
自分周囲の身近なものを大切にしていくという、小さなコミュニティ単位でです。
ビタミンDひとつとっても国は正しい情報を流してくれません。
自分で勉強し、自分の身は自分で守る。
そして幸せに暮らしていくためには、自分周囲の小さな世界を大切にして生きていくしかないような気がします。
自分と関わった人たちと協力し合っていく世界です。
正直大きな広い視点で世界や日本のことを考えても絶望感しかありませんから。

ただ、その小さな世界がたくさん集まれば、日本や世界を覆い尽くすことができるかもしれない
なんて思ったりしています。