東京五輪までに「ワクチン」はできない

上記の表題は、文藝春秋8月号にノーベル賞学者の本庶佑教授が寄稿した記事の題名です。

免疫系については当然素人ではない、逆にプロ中のプロですから聞くに値する意見かと思います。

そこでは、
・新型コロナウイルスはRNAウイルスであり効果的なワクチンを作ることは難しい。
・それはRNAは構造が不安定で遺伝子が変異しやすいから。
・新型コロナは変異のスピードが非常に速い。
・ワクチンが完成しても、開発当初とは異なる遺伝子のウイルスが蔓延しているかもしれない。

そして副作用についても懸念されています。

そしてここから一部抜粋します。
「…ところが今の日本では、首を傾けざるを得ないようなことが行われている。日本で開発し、治験までやると言っているグループがありますが、あまりに現実離れした話でしょう。
ワクチンの有効性を評価するには、数千人の健常な人を集め、打ったグループと打たなかったグループ、双方の感染率を比べなければいけません。しかし、この比較試験を感染が抑えられている今の日本でやるのは非常に難しいと思います。
今の日本で、仮にワクチンを打った三千人に感染者がゼロだったとしても、ワクチンを打たなかった三千人に何人の感染者が出たら有効と言えるのか。ブラジルのような感染者数が爆発的に増えている地域であれば、はっきりした差が出るかもしれない。しかし日本での比較試験はほぼ不可能と言っていいのです。
こうして開発の高いハードルを考えた時、東京五輪までの一年でワクチンを開発・製造するということが、いかに困難か想像がつくのではないでしょうか。期待を煽るような報道を見るにつけ、政治家や行政は、この現実を理解しているのだろうかと心配になるのです。

さすが、なんとも素晴らしいご指摘です。
そうなんですよ。
このまま日本においてコロナが収束してしまうと、治験もままならない。
肝いりで大々的に宣伝してましたからね。
大阪大学発のベンチャー企業「アンジェス」が開発したワクチンを。
コロナ騒動が起きて早々のとき(2~3月くらいだったかと思いますが)、すでに大阪大学の森下教授(アベ友)がワイドショーに出てこのDNAワクチンについて話していました。
あまりにも早すぎやしませんか??
あの早さにも違和感を強く感じました。

いま、東京で連日200人感染者が出ていますが、ほぼ放置状態
そして九州が未曾有の災害に見舞われているというのに、そこを無視して予定通りGo to キャンペーンです。
あたかも国が後押しして感染者を全国にばらまこうとしている感じです。
これからの季節、北海道なんか観光シーズンです。
7月終わり~8月ころには北海道も感染者が急増しそうな予感です。

お友達企業のワクチン治験を成功させるために感染者数をわざと増やしている??
そんなふうに思ってしまうのです。

東京都としては休業補償をする財源が枯渇してきてしまったから、一歩踏み込んだ対策ができないのかもしれませんが、国のすすめるGo to キャンペーンはいただけない。
表向きには旅行業だとか観光業復活のためみたいなこと言っていますが、すごく違和感を感じます。
感染拡大のリスクをおかしてまでこのようなキャンペーンをすることでしょうか?
もっと他に安全で効果的な支援の方法があると思うのですが。
一般国民からしたら、旅行代金を補助してくれるよりも、消費税減税してくれた方がよっぽどうれしいですし、そちらの方が消費拡大による経済活性化は強そうです。

ちなみに本庶佑教授は、ワクチンに対しては副作用も懸念するけれども、社会防衛として開発自体はやるべきというスタンスのようです。
子宮頚癌ワクチン副作用の件で「子宮頚癌ワクチンは必要」「副作用被害なんてウソ、そんなものはない」という立場の女性医師・ジャーナリストの方がいます。
コロナ騒動の時もワイドショーとかに出てましたね。
この方、副作用被害で苦しんでいる子のところへ心ない取材を行っており、大変強い憤りを感じました。
実際に自分は子宮頚癌ワクチンで苦しんでいる子を診たことがあるので、あの痙攣発作であるとか、そういうものを「心の問題」として片付けようとする人にはとても信用がおけません。
実は本庶佑氏、あるとき子宮頚癌ワクチンに対して、その女性医師・ジャーナリストを擁護するような発言をされていたんですね。
「子宮頸がんワクチンをぜひ勧めるべきである、と厚生労働省に対して発言した」と述べたようで…。
しかもその女性医師・ジャーナリストの人と少しにやけた顔してツーショット写真を撮ってたり。
ちょっとがっかりしました…。

文藝春秋での慎重な発言とは大分異なっており、なんだか言わされた感があるようにも感じます。
うまく取り込まれてしまったというか。

小野薬品との契約でも、不利な契約を結ばされた感がありますしね。
知的財産に関する契約に対してうといことをいいことに相場よりもかなり低いライセンス料で契約させられてしまっていたようです。
何度も約束を反故にされたり。
とりあえずまずは226億円の支払を求めて、小野薬品を訴えたそうです。
最終的には1,000億円の支払を求めるとか。

ニュースとかのコメントをみると、「本庶佑氏はがめつい。」だとか「契約しちゃったんだから仕方ない。」とかいうコメントが多かったのですが、本庶佑教授と小野薬品との詳しいやりとりをみると、相当に小野薬品はあくどいですよ。
そりゃ訴えるわ、と思います。

本庶佑教授は78歳だそうです。
決して自分のためにお金が欲しいんではないと思います。
本当に若手研究者の支援のために、お金を残そうとしているようです。

ちなみに、オプジーボの年間売り上げは世界で8,000億円にもなるようです…。
小野っっっっっ!