千葉県でストライキ

千葉県の船橋二和病院の医師や看護師が、ボーナス削減に対してストライキをおこなったというニュースがありました。
年々ボーナスが減らされ、今年の夏は0.9ヶ月分とのことでストライキをおこなったとのことです。

ちなみにこのストライキをおこなった労働組合は9名が加入されているそうで、この病院には他にも労働組合があり、そちらの方に多くの人が所属しているようです。

この病院では5月の収入が前年比23.3%減1.1億円以上の減収とのことでした。

経営者目線でどうしてもみてしまうのですが、一月だけで1億円の減収ってかなりつらいですよね…。
診療報酬は2ヶ月遅れで入ってきますから、4~7月あたりまでは確実にどこも厳しいのではないでしょうか?
正直そんな経営状況のなかで0.9ヶ月分でも出すだけですごいと思ってしまったのですが、こういう考え方は従業員から反発を食らってしまうのでしょうか…。
心に秘めておきます。

労働組合がしっかりあるということであれば、病院の収支もちゃんと公表されているだろうし情報を共有しているのではと思うのです。
収支の結果をもとに、ボーナスを満額払えないという結論なのだと思うのですが、それでも職員に理解が得られなかったということなのでしょうか?実際はどうなんでしょう。

ただ今回行ったストライキの方たちは、インタビューによると、病院にどうにかしてほしいというよりも、国に訴えたかったようです。
と言っても、病院に1.5ヶ月分の夏のボーナスを要求していますが…。
=病院で借金をして、自分たちのボーナスを払え
ってことですか?

今回国の政策により
・新型コロナウイルス感染症対応従事者慰労金交付事業
・介護サービス事業所・施設等における感染症対策支援事業等及び職員に対する慰 労金の支給事業
というものが行われ、医療従事者、介護従事者に5~20万円支給されます。
コロナに直接関わった医療機関、介護事業所は20万円支給されるらしいです。
大病院ではコロナ患者にまったく関わっていないスタッフも大多数いるだろうに、そう人たちも20万円って…それはばらまきすぎじゃない?と思ってしまいますが、国は結構この厳しい医療機関や介護事業所の現状や、医療従事者・介護スタッフのことを考えてくれていると思います。
感染対策に要した費用も、上限はありますが負担してくれることになりました。

つまり、国から直接臨時ボーナスが出るようなものです。
それでもやっぱり働いているところから満額ボーナスをもらわなければ気が済まないのかなぁ…。

女子医大では結局ボーナスを払うということになったようですね。
どのくらいかわかりませんが。
しかしスタッフの心は気持ちが離れてしまっているでしょうね…。
だって、ボーナスを払えないとかいいながら、理事長室の改修に6億円をかけるという話もあったようですから。
というか、6億円の理事長室ってなに??
ビルですか?地下核シェルターですか?
シェルターでさえそこまでしそうにありませんが。

ちなみにこの船橋二和病院は民医連という団体が運営しています。
共産党系です。
現場の人間はそんな政党とか気にしないで働いている人も多いようですが、上層部はバリバリということも多いようです。
共産党が悪いということではありませんが、今回のストライキ騒動もなにか政治的な思惑があっての運動なのかもしれません。

いや、ただ単にお金の問題か…。
「国に訴えたかった」とは言っていますが、それは体のいい建前で(少しはその気持ちもあったでしょうが)、1.5ヶ月分の夏のボーナスを病院に要求している時点で、結局は今自分たちがもらえるお金(ボーナス)が一番重要ってことなんだろうなぁと思いました。
従業員としては当然のことですが。

しかしこんな時に国会議員は満額ボーナス支給だとか、公務員はボーナスアップとか、ちょっとすっきりしませんね。