イソジンでうがいって…

今日大阪府知事が衝撃的な発表をされましたね。

イソジンをはじめとする、ポビドンヨードによって新型コロナの治療に効果が期待できると。
といっても、重症化した人が劇的に回復するとかそういう話ではなくて、ただ陽性者が減少したとのこと。

どこから検体を取ったかにもよりますが、粘膜を消毒すればそりゃ検査しても出にくくなるのは当然です。
というか、発表では「唾液中のウイルスが減少」とのことでした。
ますます、当然の結果です。
「うそみたいなほんとの話」でもなんでもなくただの「当たり前の話」です。

早速多くの医療者から批判が相次いでいます。

健康に興味のある方ならご存じかと思いますが、うがいは基本水で十分です
イソジンなど殺菌効果のあるものを使いすぎると、常在菌まで殺してしまい、逆に粘膜の免疫が弱まります
つまりあまり神経質にやり過ぎれば、余計風邪にひきやすくなったりするリスクが高まります。

咽頭炎や扁桃炎などで、喉が真っ赤に腫れているとか、喉の奥に白いコケのようなものがついているのであれば使う意義はあるかと思います。

今回発表されたのは1日4回やったとのこと。
こんなにやれば、常在菌はほぼ全滅ですね。
味方を殺して、逆に病人になるリスクを高めているだけです。

ちなみに陽性者と感染者は異なります。
陽性者は検査をすれば出てくるけど、体に悪さしていない状態。
感染者は体に悪さしている状態というイメージです。

ただウイルスが付着しているだけだったら、陽性者です。
最近、日本において犬でも新型コロナウイルスが検出されたというニュースがありましたが、そんなことは十分考えられることです。
たぶん新型コロナによって呼吸状態が悪化しているとかではないと思うので、これはただの陽性犬です。
これが人にうつすのかどうかはわかりません。
ただ基本的に、犬などの動物は抗酸化作用がしっかりとあります。
調子悪くなったらじっとして自分で治してしまうことがほとんどですから。

つまり
「陽性者=ウイルスが付着している」
ということ。

付着しているウイルスをポビドンヨードで消毒して消したというだけの話です。

「虫に殺虫剤をかけたら虫が死んだ。」
これと同じレベルの話です。

こんなことを大々的に得意げに記者会見し、ワイドショーなど全国的にテレビで流した罪は大きいです。
ドラッグストアではすぐに混乱が起き、フリマサイトなどでは信じられないくらいの値段で高額転売がおこなわれています。

そして明治ホールディングスの株化が急騰し、株式市場にも影響を及ぼしました。
(まさか、府知事自身とかその周辺の人たちがその株を事前に買っていたとかないですよね…)

厚労省は指導しないのでしょうか?
これまでも怪しい健康食品や、怪しい治療法に対しては厚労省はしかっりと指導してきました。
健康食品とかは勝手にチラシ配ったり広告出したりしているだけですが、今回の府知事が行ったことはテレビカメラの前で記者会見を行い、全国民に影響をおよぼす方法でおこなったのです。
根拠のない健康情報をテレビを使って伝えたというのは重大な出来事です。

言葉は悪いですが、これは日本の恥です。
海外に知られたら笑われるレベルです。
国内だけのニュースで済めば良かったのですが、すでにブルームバーグという海外のニュースサイトで取り上げられてしまっていましたね…。

影響力のある人が影響力のある方法で発表を行うのであれば、慎重に検討してからおこなうべきです。
本人は慎重に検討したのかもしれませんが、周囲にアドバイスをする人はいなかったのでしょうか。

そしてイソジンなどは第3類医薬品になるため、許可なく販売すると医薬品医療機器等法に違反する恐れがあるそうです。
一般的に普通に売られているものだし、ふつうこんな知識ないですよね。
この法律を知らないたくさんの人が、今現在転売しています。
つまり、府知事がしたことは多くの犯罪者を作ったことでもあるわけです。

ドラッグストアなどではすでに売り切れ続出のようですから、ひょっとしたら病院やクリニックで「イソジンを処方してくれ」という人が殺到するかもしれません。
保険で安くイソジンを手に入れて、それを転売しようとする輩が出てきてもおかしくありません。
医療者の負担を増やすばかりです。
基本的に、診察して喉の状態を確かめて、本当に病気がある、必要と判断したときだけしか処方できませんから。
しかしここで最近認められたオンライン診療の弊害が出てきます。
画面を通してだったらいくらでも演技ができてしまいます。
熱だってウソの熱を伝えてもばれません。
採血もできなければ炎症の程度も客観的にわかりません。
自分は今の日本レベルのネット技術・システムではオンライン診療には反対です。
(かかりつけ患者さんの電話での再診対応には応じますが)

ただでさえ陽性者が全国的に増えてきて国民もまた混乱し始めているところに、さらにかき乱してくれちゃいました。

ドラッグストアの店員さんも、ようやくマスクなど安定して入荷するようになって落ち着いてきたのに、今度はうがい薬の問い合わせが殺到して、うんざりしているようです。

医薬品に関する中途半端なことを全国で報道し多くの国民を混乱させたのですから、何らかの弁明は必要でしょう。

あんなに目の前にうがい薬を並べて会見をする時間があるのだったら、他にやることあると思うのですが。