保管要件緩和について。おかしくないですか?

ファイザー製のワクチンについて、5月17日欧州連合(EU)の欧州医薬品庁(EMA)は最長1か月の冷蔵保管(2~8度)を承認しました。

その直後アメリカFDAでも同様の保存許可が出ました。

当初、mRNAが壊れやすいからということで、-70~80度での保管が不可欠としていました。

それがどんどん緩められています。

なんかおかしくないですか?

どの条件でどのくらい保管できるかということすら十分わからないまま世に出てきたということでしょうか。

ファイザーは当初、mRNAは注射してもすぐに壊れるからずっと体内に残るということはないと説明しています。
なんの根拠も無しに。
だって長期的な観察はしていないのですから。

一方で、mRNAが簡単に壊れないように小細工をしています
それがポリエチレングリコールを使用したナノ粒子化です。

すぐに壊れるんだか壊れないんだかどっちなんだという感じですが、今回のEUとFDAの保存要件緩和によって、
「やっぱりmRNAは相当壊れにくいんだな」
と思いました。

いやいや、
「ワクチンのmRNAは壊れないように細工されているんだな」
と。

そんなものを人体に直接注射するなんて、本当に恐ろしいことです。

もしくはこうも考えられました。
「だんだん在庫が余ってきてしまっているから、在庫消費するために保存要件緩和したのか」
と。

日本ではワクチンが足りない足りないって報道されていますが、海外ではすでに接種者が減ってきており香港でも余っているようですし、アメリカでも余ってきているようです。
だから、あんなクジ付きワクチン(宝くじワクチン)なんかの、あさはかなくだらないキャンペーンがやられているんですね。

はっきりと断言しちゃってもいいですが、ワクチンなんて不足しないですよ。

製薬会社なんてお客さんがいる限りどんどん薬でもワクチンでも売りますから。
ただ最初だけ出し惜しみしているだけです。わざと。

今マスコミが足りない足りないと報道しているのは、心理学を利用してただあおっているだけです。

「奥さん、あと残り1個ですよ!」
って言われると
「じゃあ買っちゃおうかしら。」
ってなるのと一緒です。

「あるいは先着20名様まで!」
と言われると、冷静に考えずにとりあえず急いで注文しちゃうみたいな。

ちなみに心理学では「スノッブ効果」というようです。

多分数ヶ月したら、今の予約が取れないとか大騒ぎしている現状はなんだったんだ?ってことになると思います。

早朝から我先にって病院に並んで、みんなピリピリしているから大声出したりケンカになったり。
精神衛生上大変よろしくない。

「あせらない」ことが大事です。

テレビばかり見ている高齢者がうまくコントロールされてしまったわけですが、
たぶん日本におけるワクチンの「希少性」を強調していた裏には、PR会社がいるのかと思います。

えっ?て思うかもしれませんが、以前ブログにも書いたとおり、
湾岸戦争もPR会社の力で引き起こされました。
そしてWHOにも同じPR会社が関わっています。
WHOにPR会社

正直、電話がつながらないとかクリニックに行列を作っている映像を見ていると、
「あぁ、大衆ってこんなふうにコントロールされてしまうんだ」
って思います。

話は戻りますが、ファイザー製のワクチンは超低温で保管しなければならないとのことで、たくさんの冷蔵庫が新たに病院に設置されました。
国でお金補助するからということで、自分みたいなちっぽけなクリニックにまで案内が来たほどです。

冷蔵庫代に相当の税金が使われたはずです。
しかも超特殊な冷蔵庫ですから、超高額です。
どんだけ無駄遣いなんだか。

実は欧州医薬品庁(EMA)ではすでに3月には一般的な冷凍庫でも保管ができるとしていました。
じゃあなぜこのタイミングか?

自分の勝手な予想ですが、ちょうどタイミング的に日本でモデルナとアストラゼネカが認可された時期と同じなんですね。

モデルナとアストラゼネカは、ファイザーよりは保管がまだましです。

つまり保管が面倒だと、モデルナとアストラゼネカにシェアを奪われかねない。

日本は小さな国ですが、いいマーケットですから。
タミフルにしろ、これまで散々医薬品・医療機器業界のいいカモにされてきました。

薬だって、医療機器だって、海外よりもかなり高額で買わされているんですから。
ちなみにこれが日本における医療費(社会保障費)増大の主原因でもあります。
例えばかなり古いデータですが、ペースメーカーはイギリスでは1個30~35万円
それが日本では1個160~170万円ですから。
高齢化が原因ということも多少はあるかもですが、それは医療費を抑制したい財務省のプロパガンダです。

やっぱり病院やクリニックからしたら保管が簡単な方が使いやすいですからね。
保管要件が従来通りだったら、モデルナやアストラゼネカを使いたくなります。
といっても自分は今のところはどの会社のものもおすすめしませんけどね。

とにかく、今回の
「最長1か月の冷蔵保管(2~8度)を承認」
のニュースは違和感しか感じません。