いよいよ子供がダーゲット + 今頃酸化グラフェン

ファイザー製ワクチン、5~11歳への有効性90%超…発症した場合も重症化せず

いよいよ子供へ魔の手が忍び寄ってきましたね。

ニュースの表題にもありますけど、「発症した場合も重症化せず」って、そもそも子供は発症しても重症化しにくいのにどうやって有効性を確認したんでしょう。
それにもともと発症しない子は多いのですから、本当にワクチンのおかげで発症しなかったのか不明です。

ごくまれに強い症状がでる子もいますが、本当にまれ。
「コロナにかかって強い症状がでると決まった子供」にワクチン接種して効果をみないとわかりません。
強い症状がでると決まった子供って…。
そんなのわかりませんよね。

それにそんな子供だってそうそうたくさんいるわけじゃない。
今回2,000人を二つのグループにわけ手臨床試験をおこなったようですが、そのくらいの規模じゃ本当の効果はわからないと思いますよ。
重症化する子供はレアなんですから。

けどこういうニュース見て「5~11歳への有効性90%超」ってとこだけがひとり歩きしてしまうんですよね。

ニュースの目立つ文字しか見ないで、自分の頭で考えようとしない。
そういう人がコロナの恐怖に支配され、ワクチンを心から信じてしまっているんだろうなと思います。

コロナ騒動が始まってもう少しで2年がたとうとしていますが、この2年間、お子さんはコロナにかかって死にそうになりましたか?

テレビではきわめてごくごくまれな重症化したケースを取り上げていましたが、そうそうありません。
それよりもワクチンリスクの方が圧倒的に高いです。

ただ何もしなければいいのかというとそうではなくて、外で遊ばせて太陽に光を浴びさせたり、過剰な消毒をさせないようにしたりすることが大切です。
特に子供は外で遊ぶ子が減ってしまっており、ましてや自粛の影響もあってビタミンD欠乏の子が増えています。

ワクチンは危険、コロナウイルスは存在しないと主張するのは自由です。
しかし実際に「コロナの病態」は存在しています。
コロナの病態を防ぐ対策を何もしないで、自分にコロナの症状がでてしまって大騒ぎするのはやめてください。
有名人とかワクチンに懐疑的な人がコロナ感染したりすると、もう鬼の首を取ったかのようにメディアで取り上げられますね。
せめてビタミンD飲んでおくとかしておきましょう。

ちなみに分離培養されていないとか、情報開示しても証拠が出てこないとか言われていますが、それはウイルス→エクソソームだからじゃないでしょうか。
エクソソームというかたちで伝播して、その人の免疫力が低下すると発症するみたいな。
よくわかんないですけどね。
でもコロナの病態があるのは確実です。

お子さんにもワクチンなんかよりいっぱい太陽の光浴びさせて泥んこだらけにした方がよっぽど丈夫な子になります。
しかし冬は確実に自分の体でのビタミンD生成量は減りますから、サプリなどうまく使ってください。
もちろん普段からサプリで補給するのもありだと思います。

そして以前にも紹介しましたが、この動画をお子さんにもみせて家族みんなで勉強しましょう。
「にどめのあれw」今こそ見て欲しいアニメ!w(コロアンティーナの大冒険#2)

つっても、ワクチン脳になっている人はこの動画見ないでしょうけどね。

で、子供のファイザーだとかモデルナのワクチンを打ったらどうなるのか
ここからは自分の勝手な推測です。
もちろん話題の心筋炎は増える可能性はあります。
それよりも心配なのが「神経疾患」です。
子供の「血液脳関門」はまだ完成されておらず脆弱です。
つまり毒が頭に入っていきやすい
ただでさえワクチンの成分の一つであるポリエチレングリコールは血液脳関門を通過しやすいのです。

そう、子宮頚がんワクチン副作用のような痙攣や、脱力歩行障害記憶障害睡眠障害などなど。
これに類似した副作用が出るような気がします。
他には白血病も増えるかもしれません。
勝手な推測です。

しかもスパイクタンパクが脳でたくさん作られ、そこに抗体がたくさんやってきてやっつける。
スパイクタンパクだけやっつけてくれるならいいですけどね。
脳にもダメージがいくのではないでしょうか。
脳で炎症が起きるような感じです。

脳炎。
これが心配です。

ただでさえ現代の人は血液脳関門が緩い人が多いと思われます。
農薬、添加物、化学物質などで破壊され気味の人が多いと思われます。

もちろん上記のような炎症の機序だけでなく、ワクチン自体のよくわからない成分自体が悪さする可能性も大きいです。

アメリカで小児への接種が開始されればいずれ日本にもやってきます。
拒否する度胸は日本のリーダーにはないでしょう。

ですから親が守るしかありません
今の時代、親は自分の子供を守るためには自分で勉強しないといけません。

———-
話は変わって、突然「酸化グラフェン」の話。

今日、突然こんなニュースが出ました。

新型コロナウイルス分解作用・熊大が発見

新型コロナ撃退!?新マスク開発へ【熊本】

なぜに今ごろ??

以前ブログにも書きましたが(「ロット番号の怪」と「熊本大の怪」~酸化グラフェン添え)、1年前の令和2年11月には発表されていたことなんです。

酸化グラフェンによる新型コロナウイルスの除去 – 熊本大学

とっても不自然です。
熊本大学界隈ではなんだかよくわからないことが起きますね。
令和2年の発表直前には、それこそ酸化グラフェンに関与していた研究室の研究員が殺害されたり。

ワクチンに酸化グラフェンが含まれているという話もありますね。
酸化グラフェンがウイルスをやっつけてくれるということは、ひょっとしてワクチンの中身は実は酸化グラフェンで、それで戦おうとしてたってこと?
mRNAとか入ってなくて。
まさかね。
でも「ワクチンの中身の99%が酸化グラフェンだった」と発表した研究者もいました。
あながちウソでもないかもしれない。

たぶん、酸化グラフェン投与でどうなるかの人体実験もおこなわれているんじゃないかなとは思います。
酸化グラフェンの量がロット番号で違うとか。

以前にも紹介しましたが酸化グラフェンに関する動画とサイトを。
COVID-19の正体「酸化グラフェン」スペインの研究グループ(動画)

“酸化グラフェン” こそが  “COVID-19 の正体”?

他にも今やいっぱい情報が出てきますので、ご自身で調べてください。
↓こちらの検索サイトでね。
https://duckduckgo.com/?t=ffab

ちなみに、上記ニュースの動画に出てくる酸化グラフェン、真っ黒いんですよね。
まさかモデルナの黒い異物と関係あるんじゃないかって思ってしまいます。

熊本大の教授は
「酸化グラフェンの酸化作用がウイルスを構成するタンパク質を分解した」
とコメントしてます。

酸化作用ですよ。
これが体に入ったら…よくないですね。

そしてウイルスをやっつけるということは、常在のウイルスもやっつけるということ。
コロナウイルスだけやっつけるというわけではありません。
常在ウイルスをやっつければ、自分の体の防御能が弱まります

酸化グラフェン入りマスクとかしてたら確実に肺から吸い込みますよ。

そしてこんなニュースがあります。
グラフェンが健康被害を及ぼす可能性、米大学が指摘
しかも2013年のニュース。

「生体細胞の機能を破壊する」
「グラフェンの突起が細胞壁を突き破り、細胞内に入っていくことが明らかになった。」

熊本大のニュースの動画、顕微鏡写真がでてますけど、もろにとがっているんですけど…。

なんか、いままで酸化グラフェンとか言うと陰謀論扱いでしたが、堂々と表に出てきて酸化グラフェン漬けにしようとしてるのかと思いました。

いずれ「このグラフェンパウダーを吸い込めばウイルスもやっつけられる!」みたいな薬が出てくるのでしょうか。
そう考えると開発されている吸入タイプのワクチンとやらもちょっと疑ってしまいますね。

まぁ、効果あると思う人はぜひ酸化グラフェン漬けになってみてください。