期待を裏切らないアンジェス…ワクチン断念

昨日金曜日の夜、こんなニュースが流れました。

「国産第1号」期待のワクチン、最終段階の治験を断念…大阪の新興企業

「国産第1号」期待のワクチン開発を断念 改良版は継続 大阪の医療ベンチャー・アンジェス

さすが期待を裏切らないアンジェス。

アンジェスについては以前ブログに詳しく書いています。
新コロワクチンとディオバン事件と森下竜一氏

実績も何もない会社に合計114億もの助成金が流れた時点でおかしかったのですが、やはり開発できなかったようで。

なぜに実績も何もないところにこんなにお金が流れたのかといえば、「アンジェスを作った森下竜一氏がアベ友だったから」という、それしか理由が思いつかないほどバレバレのことをしていました。
国民は相当バカにされています。

上記Yahoo!ニュースのコメント見るとおもしろいですよ。
株をやっている人なんかは結構その企業をよく見ていますからね。

ひとつコメントを紹介します。
———-
ここはSARSの時もエボラの時も真っ先に手を挙げて威勢のいいIRを連発し株価を吊り上げてきました。
いつの間にか自然消滅してほとぼりが冷めた頃に次のネタに取り掛かるの繰り返し。
コロナワクチンに着手する時も過去に騙された人達からは散々な言われようでしたがやっぱり最初から実体は無かったと容易に推測出来ます。
そんな企業に93億もの補助金が出たのも疑問ですがおそらく半分くらいは政治家に流れていたと思います
そうでなければ補助金は出なかった筈。
コロナワクチン開発をネタに巨額の詐欺事件として捜査すべきですが既に政治家、官僚、検察官まで金は行き渡っているから無理かも知れません。
———-
まぁ、いい読みでしょうね。

以前こんなニュースも流れてました。
国産「変異株ワクチン」に世間の反応冷ややか。安倍トモ疑惑なアンジェスに補助金90億円強の不思議

アンジェスは「株券印刷業」との威名を持つようで。

そしていやらしいのが、金曜の夜にこのニュースが発表されたということ。
普通の株の売買って、平日の日中しかできませんよね。
土日の売買ができないこのタイミングを狙った発表。
本当にいやらしい。

でも、株の出来高というのですか?取引量をみていると、前日の木曜日に多く取引がおこなわれている様子なのです。
上記のニュース発表前日の木曜日に株価結構下がってます。
たぶん、ワクチン開発断念のニュースを知った人が事前に株を大量に売ったのではないでしょうか。
まぁ、アンジェス関連の人しかいないでしょうが。
あるいはアンジェスととても仲の良いお友達とかね。

株なんて、一般の人はコケにされるだけですね。

ちなみに書きのチャートの矢印のところです。

世の中ってこういう仕組みなんですね。

そういえば大阪の吉村知事は、自分が第一号の治験者になりたいとか言って盛り上がってましたっけ。
吉村知事「僕を第1号にして」全国初ワクチン治験

今後は改良ワクチンに注力するそうですが、まともな1号ワクチンもできていないのに、改良ワクチンもなにもあったものじゃないと思うんですけどね。

ある意味、へなちょこワクチンを「完成した」といって世に出すのではなく、正直者といったら正直者なのかもしれませんが。
臨床試験の結果を操作するほどの度胸まではなかったのか、最後の最後で悪魔に魂を売りたくなかったのか。
それともただ単に、お金(助成金)だけが目当てだったのか。
まぁ、お金が目的でも、へなちょこワクチンを世に出すか…。
でも世に出れば、ファイザーやモデルナのように密約のような契約を結ぶ技量もなさそうですから、第三者によってへなちょこ具合が簡単にバレちゃうでしょうね。

何度も言いますが、
「実績も何もない会社に合計100億を超える助成金が流れる」
ということがいかにおかしいことかおわかりでしょうか?

これが日本の「当たり前」です。