近況報告

といっても特別ないのですが、最近ブログがご無沙汰傾向にあり、心配してくださっている方もいるため近況報告をします。

といっても特別ないのですが。

まず、先々週くらいは米国からの遅れていた荷物が続けざまに大量に入荷し、発送業務にてんやわんやでした。
しかし注文フォームを設け、先に入金いただくシステムにしてから業務がスムーズになり、「11月下旬頃お届け」とお伝えしていた方々にも10月中に発送することができました。

シェディングのつらさはよくわかっていますし、少しでも早くお届けしたいと思っています。
効率化、スピード発送のため、一部サービス?がなくなりましたがご了承ください。
→配送日時指定のことです。

発送時にお問い合わせ番号をメールいたしますので、お手数ですがご自身で指定をお願いいたします。

で、一気に発送を行い一段落したと思った先週。

4回目接種翌日の方の診察がありました。
比較的若めの年代の方で、思わぬシェディングを受けました。

その後、なんだか右の眉毛がチクチクするのです。
眉毛をそっとなでるだけでチクチクするのです。

この感覚…
以前にも経験ありました。
高校時代に、同じところのヘルペスになったのです。

どうもそれの再燃っぽい…。

ちょうど眉毛のところであまり目立たないのですが、赤くプツプツもいくつかできています。
専門的な言葉で言えば、三叉神経の第1枝領域のところです。

速攻抗ウイルス薬飲んで、夜はグルタチオンをぬりぬりしました。
だって、お顔のところだから、ひどくなったら大変だし…。

結局薬は2回飲んだだけで悪化せずにすみました。
多分1回だけでも大丈夫そうだったのですが、念を押してもう1回だけ飲んどいた感じです。

眉毛ついでに先週は顔全体にグルタチオン塗ってました。
Matt(桑田真澄の息子)並みの美白になったらどうしよ。
いや、さすがにそこまでいきませんからね。

ちなみにシェディングを受けやすい看護師さんはさらに大変です。

首、肩の筋肉がガチガチになり頭痛もひどく、倦怠感も強い状態が続きました。
筋肉がガチガチになると、ひどくなると骨もゆがんでくるんですね。
以前整体に行ったときは首の骨が出っ張っていると指摘されたそうです。
たまに骨を押して戻すようにと言われたそう。

お互いグルタチオンをこまめに多く摂取し、ようやく週の後半にかけて元気になってきた感じです。

グルタチオンで完全にはシェディングは予防できないけれど、受けたときの回復手段としては十分利用できそうです。
ひょっとしたら予防的にも、症状がひどくならないようにはしてくれているかもしれませんが。

また週末は、大型書店(楽しいことがきっと見つかる、コーチャンフォー:道内の方しか知らないと思います)に行ったとき、これまではシェディング受けても頭痛くらいでした。
今回は、まず入店したら軽い歯痛が始まり、そして店内を歩いていたら突然左の肩甲骨周囲の筋肉がピキッと痛くなったのです。
ただ歩いていただけなのにですよ。
そして頭痛
店内では人とすれ違うとあの匂いがすることもある。
思わず息を止めてしまいましたが。
そして短時間で、一気に目がしょぼしょぼです。

ちょっと不気味体験でした。

これらの症状はグルタチオン摂取したらすぐに治まりました。

ちなみに首のコリなのですが、自分が以前おでこに鍼刺してもらったときにも指摘されたのですが、胸鎖乳突筋(首の後ろ、耳の下あたりから胸骨・鎖骨に走っている筋肉)がコリやすいのではと思われます。
普段あまり意識しないのですが、触ってみると結構ゴリゴリだったりします。

看護師さんは試しに、その筋肉あたりにグルタチオンを塗ってみたそうですが、少し楽になった感じがするとのことでした。
筋肉に炎症が起きていたとしたら、可能性としてはあるかもしれません。

ちなみに自分は子供の頃アトピーだったのですが、大人になってほとんど落ち着いていました。
しかし最近首回りがガサガサになったんですね。
で、お顔ぬりぬりついでに、首回りもぬりぬりしました。
そうしたら結構落ち着いてきました。
何度も言いますがMattを目指してはいませんので。

リポソーマルグルタチオンは皮膚からの吸収も良いので、本当いろんな使い方ができますね。

ちなみにうちにいる15歳のチワワ(メス)に週1回くらいグルタチオンをなめさせていますが、超食欲旺盛です。
自分がご飯食べていると、後ろの両足が悪いのに足をひきづって、前足だけ使ってすんごい勢いで自分の足下にやってきます。
そしてお裾分けをくれないとワンワンずっと隣で吠えています。
やさしい?自分はこっそりお裾分けしちゃうから、こうやって来るんですけどね。
ちなみに15歳のチワワは人間でいうと76歳だそうです。

話は戻りますが、4回目接種ほやほやの方を何度かみていますが、シェディングはかなり強烈です。

荒川先生などはシェディングについて調査を始めましたが、しかし今後シェディングについては決して表舞台では議論されないでしょうね。
確実にシェディングはあると思っていますが、これが話題、大きなニュースになってしまうと世の中が分断されてしまいます
「接種者に近づくな」ってね。

厚労省の記録として、コロナ騒動前にシェディングについて議論されていたことは以前のブログにも書きました。
遺伝子ワクチンの危険性は日本でとっくに議論されていた~シェディングも

でも、確実に表のニュースにはなりません。

というか、「接種者に近づくな」っていってもほとんどが接種者だから避けようがないんですけどね。
そして大事なことは、みんながみんな何かを振りまいているわけでもない

ほんとおかしな世の中になりましたね。

今日なんか「全国旅行支援」の割引条件に“オミクロン株対応ワクチン接種”とする案が出ました。
結局それはないことになったようですが。
でも、こんな案が出ること自体がおかしいのです。

ワクチン打ったってみんなかかっているんだし、こういう制度がアホすぎて言葉も出ない。
どんな理屈でこんな話が出てくるのか理解に苦しみます。
ただただワクチンを消費するためだけに出てきた案としか思いようがない。

割引のためにワクチン接種って…。
運悪けりゃ、割引以上の医療費がかかるかもしれないのに。

先日は、将棋の対戦で、マスクしなかったから反則負けしたというニュースもありあましたね。
くだらなすぎる。
だったら対局前に陰性証明して、ノーマスクでやればいいじゃん。
陰性でもマスクしたい人はご自由にって。

感染しているかしていないかわからないで、あんな面と向かって何十時間も不安な気持ちでマスクだけで防御している方がおかしいっしょ。
それとも事前に検査した上で、マスクしろっていうのがルールなのかな。
それはそれでおかしいけど。
そうしたら野球とかサッカーとかラグビーとか、みんなマスクしてプレーしろってことになっちゃう。
マスクとったら反則負け。

今回失格になった棋士も、注意受けたあとでも陰性証明できたら問題ないんじゃないのかなって思うんですけどね。

いまだに高齢者施設では接種歴をチェックさせられるところもあるし、ゴーグルさせられるところもあるし、本当くだらない。
そういうところに限って真っ先にクラスター出てたりしてましたけどね。

ワクチンのこととか感染対策のこととか、メディアで言ってきたこと、専門家もどきが言ってきたことに大きな矛盾がはっきりしてきているのに、強引にそのままの理論と通そうとしているから、大きなひずみが出てきています。
世の中おかしなことだらけです。

そして周囲でワクチンの副作用の話を聞いたことがない人はいないのではないでしょうか?
それだけ多くの副作用が出ています。
なのに、「大臣」という肩書きを使って安全性を主張し、危険性を訴えていた人たちをデマ呼ばわりした河野タロー。
何か言え。
マイナ保険証とか、現場では大ひんしゅく買っている制度を強引に推し進めようとしないでさ。
ほんと政治家って、何かを世の中に残したがるんだよね。
犬のマーキングかっての。
しかも99%がどうしようもないものだったりする。
レジ袋廃止したあれもね。

最近じゃ、モデルナがテレビCMまで出していますね。
びっくりしましたわ。
今後確実に日本を主要なマーケットと見据えて、いろんなワクチン出してくるでしょうね。
みんなホイホイ打ってくれるし。
こういうCMみて、スゴイ違和感を感じました。
ちなみに医療者専用のサイトでも、モデルナの宣伝ばかりです。

だいたい良いものは宣伝なんかしなくたって売れます。
必要なものは宣伝したり何度も何度も周知しなくたってみんな受けます。

宣伝していたり、国がしつこく言ってくるものは怪しい。
必ず何か裏がある。
そう思って間違いないでしょう。

最後にまたくだらないニュースを。

米CDC所長もファイザーのコロナ抗ウイルス薬投与後に再陽性

コロナにかかったCDC所長が、5日間ファイザーの飲み薬「パクスロビド」を飲んで、陰性確認されたと思ったらまた再陽性になったって話。
臨床試験でも5日間の投与終了から数日後に再陽性になる事例が報告されているそう。

ただただ効いてないだけじゃん。
なんなら、免疫落として、ずっと風邪の状態にしているだけ。
よっぽどワクチン打たないで、変な薬も飲まないでいる人の方が早く元気に回復してますよ。

それなのに、
『米食品医薬品局(FDA)は9月、ファイザー対し、最初の5日間の投与後に再発した人に、再び同薬を一定期間投与する臨床試験をするよう依頼している。』
だって。

アホかいな。
効いてないのに、また追加で飲ませる臨床試験しろって。

どうしても「パクスロビド」を売り続けたいらしい。
FDAもまずは本当に効果あるのかそれを再確認させるべきなのに、売り続けさせるために臨床試験の追加をファイザーにアドバイスしてます。

FDAは製薬会社とズブズブなのは有名な話です。
なんなら製薬会社の資金なくしてはFDAの運営も成り立たないといわれています。
政府機関だけど、です。

さて、話を近況報告に戻します。
今日もグルタチオンが入荷し、スピード発送で今日は67件もの荷物を発送しました。

先に振り込んでもらうことにしたおかげで、伝票を前もって用意しておくことができるようになったんですね。
だからグルタチオンが入荷したらすぐに発送できます。

最近は伝票書きに看護師さんも参戦してくれています。
大変かなぁと思って頼んでこなかったのですが、看護師さんは看護師さんで結構楽しんで宛名書きしてくれています。
日本全国のいろんな住所を書くものだから、
「日本旅行しているみたい」
とのこと。
確かに自分もいろんな地名を書きながらその土地を想像したりしながら書いています。
なかなか行けないから、妄想で日本旅行楽しんでます。

てな感じで、結局なんだかんだいろいろあったという近況報告でした。