10万円給付について

みなさん、10万円の申請書類届きましたか?
マイナンバーによるオンライン申請も、パスワード忘れだとか期限切れだとかで
結局役所に人が殺到する羽目になったり、ぐだぐだでしたね。
これを機に、一気にマイナンバーをすすめようとする根端なのかもしれませんが…。

ところでこの全国民に一律に10万円を給付すると発表されたとき、いろんな意見がありました。

年金受給者や生活保護受給者は収入が減っていないのだからいらないだろうとか。
公務員はいらないだろうとか。
確かに一般の会社に勤めている人の給与は減っているにもかかわらず、公務員は引き上げられています。
そう考えると公務員は…って思ってしまいますがどうなのでしょう。

ちなみに非正規労働者が国策によって増やされ、収入も立場も不安定な人が激増しました。
格差社会の増長です。
国がそうしたにもかかわらず、厚労省内では「非正規労働者」は省内禁止用語になっているそうです。
意味がわかりません。
問題から逃げているようにしか思えません。

話を元に戻します。

この10万円給付、「収入減を埋めるため」ではなく、「消費税減税をしたくないから」なのでしょう。
当初はこの不況を打開するには消費税減税をするべきだとの声がたくさんありました。
しかしどう考えても財務省や経団連はそれを認めるわけがありません。
そこで一律10万円を給付して目くらまししているだけなのです。

消費税については以前にもブログで書きました。
消費税について消費税について

消費税というものは不公平な税金です。
低所得者になるほど負担が重い税金なのです。
低所得者はその収入のほとんどを食費やら生活費で消費することになり、それだけ消費税も支払わなければなりません。
収入に占める消費税の割合は高いものになります。
一方高所得者は、収入のすべてを食費や生活費に使うわけではありません。
高級な物を買えばその分払う消費税も増えますが、収入に占める消費税の割合は、低所得者ほど多くはなりません。
なので、消費税減税の代わりなのですから年金受給者であろうと、生活保護者であろうと10万円給付は受けるべきなのです。

消費税は正しく使われていれば良いのかもしれません(いや、それでもよい税金とは思えませんが)。
しかし増税と同時に法人税を下げてきたり、結局は増税分は社会保障費に回っていません。
だって、介護負担費とか増えてしまっているでしょう。
消費税は大企業にうまく還付するためのシロモノです。この日本においては。

ちなみに、8%から10%に消費税が上がりましたが、「2%の増税」と思っていませんか?
(10-8)÷8=0.25
つまり8%に対して、25%の増税になります。
たった2%ではないのです。
みなさん「消費税増税は嫌だけどたった2%だから仕方ないか」とか思っていませんでしたか?
真実は25%増えたのです。
数字のトリックですね。
医学論文やら、製薬会社の宣伝やらでもよく使われる手法です。

例えば、100人中2人骨折していたところ、ある薬を飲むことで100人中1人に減りました。
100人中たった1人しか恩恵を受けられていないのですが、上記を計算すると「50%予防できた」とも言えるのです。
この「50%予防できる」というところを前面に出して新薬を宣伝したりするのです。
ちなみに実際にいまも整形外科などではバンバン処方されている薬です。
ビスフォスフォネート製剤です。

消費税の場合は小さく見えるように、薬の場合は大きく見えるように数字のトリックを使っている違いはありますが、なかなか気づかないですよね。
これが宣伝とかマーケティングの手法なのでしょう。
ましてやマスコミは一律に同じことしか報道しませんから社会問題に関することは本当に気づきにくいです。

消費税を減税・廃止すれば経済は少しは良い方向に行くのは確かだと思います。
しかし大企業がそれを許さない。
そして大企業は国の元首よりも力が強い。
だって政治家は献金が欲しいですから。
一般国民の人気取りも大事だけれど、献金の方がもっと大事。
そこで出てきたのが10万円給付なのかなぁと思っています。
「各国もやっているし評判よさそうだから」みたいな感じで。
消費税減税・廃止は夢のまた夢ですね。

消費税は今の段階では仕方ないので受け入れるしかないかもしれませんが、
今後増税が進めば格差社会がさらに進むのは必須です。
増税により北欧のように医療費や介護費がかからなくなるというのなら良いですが、日本では社会保障費にまわらないですから。
増税しながらも、医療費や介護負担費もあげられるという、どうしようもない未来が予想されます。

「これを受け入れながらも、うまく生きていくしかない」
そう考えるだけですでに奴隷ですね。
しかし声を上げたところで、声が届かない。
声を上げてもSNSでは規約違反だとかで消される。
メディアで報道される世論調査だっていい加減な数字ですし。
(ちなみに黒川検事長の処分について、毎日新聞の世論調査では52%が懲戒処分にするべきだとのことでした。共同通信社では78.5%が処分が甘い。一方スマホとかで誰でも投票できるYahoo!「みんなの意見」では、処分に納得できないが92%と出ています。Yahoo!「みんなの意見」の方が一番国民の意見を表しているような気がしますが…。)

こんな世の中ですがうまく生きていく方法を考えていくしかありません。
不条理な世の中でも幸せを見つけ感じていく生活です。
人のつながりとか、結構ありがたいことがあったりします。

自分ができることは、なるべく医療や介護のお世話にならないで生きる方法を伝えることくらいでしょうか。
たくさんのお金をかけずに、どうやって健康を維持していくかとか。
医原病をみつけだし、そこからの脱出のお手伝いをするとか。

訪問診療や外来の患者さんも、落ち着いている人も結構います。
なのになぜ定期的に顔を見ているのかというと、余計な薬を飲まされたり間違った医療を受けないように自分がブロックしているのかなぁとか思ったりしています。